両親の医療費に苦しめられました

2019.03.26 更新

会社員

借入先業者名
借入額
360万円
借入期間
7年9ヶ月
毎月の返済額
12万円

両親の医療費負担が重すぎて借金。

父が脳梗塞、母が悪性リンパ腫に続けてかかってしまい、医療費負担が年間200万円を超える状態が続いてしまいました。医療保険に入っていれば良かったものの、本人達が掛けておらず働けなくなった結果として私が負担しなければなりませんでした。最初の数年はまだ貯蓄でやりくりできたものの、4年目からは消費者金融に借金するようになり、次第に金額が増えて行きました。両親が他界した頃に残った借金は400万円に達していたので、生活の大部分を圧迫する状態に陥っていたわけです。仕方なく頑張っていましたが、自転車操業的な返済では限界がありました。

プロミス、アコム、レイク、シンキから各80万円の借金。月々12万円の返済。

両親が闘病中は、ひたすら金策に走る生活が続いていました。働いてもそれ以上に医療費で飛んで行く生活が続いており、妹からは何ら援助を受けられずに1人で奮闘している状態が続いていたのです。会社を休む訳にも行かず、ヘルパーを呼ぶ際にもお金が掛かります。入院生活を続けるには更にお金が掛かってしまうので、両親共に相次いで他界する迄の間は特に厳しい生活状態でした。他界した後も400万円の借金返済に負われていたので、自分のことを考えることは全く出来ない状態に追い込まれていたわけです。それでも出来る所までは返済を頑張ろうと考えていました。

自己破産により借金返済義務が全て無くなりました。

無理矢理の状態で返済を続けていた所、体調を崩して1週間休む事態となってしまいました。無理な返済を続けていたので、1週間休むと破綻することが分かっていました。すぐに弁護士に依頼して債務整理に着手すると、自己破産せずによくここまでやってこられたと驚かれましたが、それほど無理な返済を行っていたことになります。債務調査を行った上で、陳述書を作成して申し立てを行なうことになりました。半年後に免責決定を受けられたので、毎月12万円の借金返済がゼロとなったことで、開放感に包まれたことを覚えています。

借金が無くなったことで、買いたい物が買えることに喜びを感じました。

自己破産を行なう前の状態は、修行僧のような徹底した禁欲生活を送っていました。借金返済額を捻出するために、あらゆる支出を抑制していたので、生活保護レベルを遥かに下回る水準の生活を行っていたわけです。毎日の生活を何とか成立させるために、ひたすら頑張っていた自分がいました。自己破産をキッカケとして、自分で稼いだ給料を計画的に全て使える有り難さを感じたことを覚えています。借金から開放されたことで、金銭感覚が狂ってしまわないように、生活費は予算を細かく決めて使うように心掛けています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理でブラックリストに載ることによる生活への影響と対処法

目次債務整理をするとブラックリストに載るそもそもブラックリ…

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

債務整理とは何か、その意味について見直そう!

目次債務整理について、もう一度整理してみよう債務整理ごとの…

レイクの債務整理体験談

パチンコにドハマりしてその資金の為に借金。気が付いた時には辛すぎる借金地獄に陥っていました。

借入額190万円

ギャンブルで借金を背負い込みました。

借入額250万円

付き合っていた彼にお金を借りるように頼まれたので彼の代わりに借りた。

借入額100万円

競馬で勝って以来競馬にはまり、借金地獄に陥りました。

借入額150万円

身も心も軽くなる瞬間

借入額350万円から金利などを含んで400万円近くになりました

パチンコで多重債務者になりました

借入額150万円