任意整理をすることで満足/29歳会社員

2019.03.12 更新

20代会社員

月収
借入先業者名
借入額
80万円
借入期間
2年3ヵ月
毎月の返済額
4万円

給料日前の飲み会の誘いを断りきれずに借入。

決して多くはないものの、給料はきちんともらっていました。しかしながら、毎日の外食やタバコ、遊興費などもあるため、ギリギリの収支が続いていました。友達や会社仲間とワイワイするのが元々好きなので、誘いがあれば、付き合いの飲み会は欠かしたことがありません。今回も、給料日まで乗り切れると思っていたところに、誘いがありました。親にも相談することができずに、悩んだあげくに、消費者金融業者に融資を申し込みました。会社の同僚の数人も消費者金融業者やクレジット会社などから借入もしているので、悪いイメージはもっていませんでした。

プロミスとアイフルから40万円ずつの借金。合わせて月々4万円の返済

会社の方針により、残業時間を大幅に減らされることになりました。社会全体に働き過ぎの防止やライフワークバランスなどといった言葉が叫ばれるようになったのも私にはマイナスの要因になってしまいました。ただでさえギリギリのところに、残業代が削られてしまい、それまでのように返済ができなくなってしまいました。勤務先や実家に督促の電話が入ることを恐れた私は、必死になって返済。大好きな飲み会や仕事仲間との食事会なども断ることもありました。結果、ストレスにさいなまれるようになったのです。

将来利息カットが実現し、完済の見通しが明らかになりました。

弁護士に任意整理の依頼をした結果、月々の返済額が、以前の4万円から半分以下の1万8千円になり、大幅に減額しました。おまけに、将来利息もカットされることになり、支払した分だけ借金が減るようになり、完済の目途が立つようになりました。私の場合には、取引期間が短く、利率の関係からも過払い金請求はできませんでしたが、大いに助かりました。弁護士には、今回の任意整理をするにあたり、毎月の私自身の収支のアドバイスもしてもらいました。以降は、少額ながら毎月の貯金もできるようになりました。

生活全般に潤いが生まれ、仕事にも集中できるようになりました。

思いきって任意整理することによって、過去の自分との決別を果たすことができたのが、何よりも大きな財産になったと感じました。生活全般を一から見直すきっかけになりました。弁護士との面談の際には、借金をした経緯や借入金の状況などについて、カウンセリングをしっかりと行いますので、その時点でも自らの過去を振り返ることができます。以前には、手にした給料をすべて使い果たしてしまっていましたが、計画性を持つようになり、念願の貯金までができるようになりました。家族にも一切バレていませんので満足です。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理するべき基準と知らなきゃ損する年収との関係

目次債務整理はどのタイミングでするのがベストか債務整理する…

借金問題解決のため、夫婦で債務整理をする場合について

目次夫婦のどちらも借金がある場合の債務整理について夫婦で借…

車ローンを債務整理対象にするとどうなる?完済後の審査は?

目次車のローンを債務整理の対象にすると、愛車はどうなる?債…

プロミスの債務整理体験談

弁護士に相談をして目が覚めました

借入額200万円

給料が下がっているのに生活レベルを上げすぎて、借金地獄になりました。

借入額313万円

バンド活動をしていた時には借金で生活していました

借入額140万円

親から受け継いだ家を守りたかったです。

借入額200万円

多重債務から債務整理に至るまで

借入額約150万円

ギャンブルで大負けして借金をしました。

借入額245万円