借りているだけのお金を自分のお金のように使い続けて、最後は任意整理しなければいけないことに!

2019.02.06 更新

OL

借入先業者名
借入額
240万円
借入期間
3年3ヶ月
毎月の返済額
8万円

買い物が好きすぎて給料じゃ足らず借金。その手軽さに良い気になり、借金地獄から抜け出せなくなりました。

当時私はずっと昔から憧れだったショップ店員になりたてて、その大好きな仕事をして月に20万円ちょっとのお給料を頂いては買い物ばかりしていました。次第にお給料内だけに収まらなくなってしまい悩んでいた私は、とうとうクレジットカードを作り支払いを先延ばしにすることを学びます。カードを使えば簡単に購入できるだけでなく、今支払いしなくてもいいという便利さから私の物欲は留まるところを知らなくなっていきました。気付けば貰えるお給料の2倍ほどの買い物をしてしまっていた私は、クレジットカードの支払いのために消費者金融からお金を借りることにしたのです。

プロミス、レイク、アイフルから各80万円の借金。月に8万円の返済。

初めの内はどうにかこうにか必死になって返しました。大好きな買い物も我慢して、最低限の生活費だけを手元に残し、あとは全て借金返済に充てました。しかし仕事柄どうしても定期的に洋服や靴・アクセサリーなどを購入しなければいけませんでしたから、その際は支払いが出来なかったりしました。ヘアスタイルやネイルといった美容面にも気を使わなければいけなかったのですが、その為に使えるお金が無かったのでどうにか誤魔化して仕事をしていました。しかしある日、店長からその部分を指摘され、「しっかり出来ないなら辞めてください」と言われてしまい退職することになってしまいました。その日からは収入がなくなりましたので借金を滞納するしかなく、取り立てに返済を急かされる日々になりました。精神的に一杯一杯でした。

合計240万円の借金が任意整理で半分以下に!おかげで完済できました。

街で偶然見つけた看板に「借金で困っているならご相談ください」の文字を見つけ、私は藁にもすがる思いで近所の弁護士事務所に駆け込み、そこで弁護士の先生とじっくり相談した結果「任意整理」を選択。それからすぐに取り立ては止まり、最終的に240万円あった借金が半分以下の金額である100万円になり、月々の返済額も8万円から3万円に減りました。「これくらいの金額ならば返せる」と思えたことで、就職活動にも意欲的になることが出来、無事に違うブランドのショップ店員になることが出来ました。

借金返済の目処が立ったことで心に余裕が生まれ、プラス思考になれました。安心できました。

当然のことなのですが、買い物をする時は自分が生活に困らない分だけの金額内に収めるということをきちんと気を付けなければいけないと学ぶ良い勉強になりました。任意整理をして実家の両親に私が借金をしていたことがバレたら嫌だと思っていましたが、そんな心配は全く必要なく、今でも両親は私が借金をしていたことも任意整理をしたことも知りません。それが私にとっては一番良かったことです。自分の物欲をしっかりコントロールするため、「今後買い物をする時は必ず現金払いでする」というルールを決めることが出来ました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

プロミスの借入を債務整理すると、信用情報に傷がつく

目次プロミスの過払い金請求は可能なのか債務整理をしたことが…

任意整理はどの消費者金融の借金なら出来る?他の債務整理が良い場…

目次クレジットカード、住宅ローン、銀行ローンと消費者金融も…

任意整理後に借金が払えないとどうなる?滞納した時の対処法

目次借金を滞納(延滞)すると和解内容は無効になる和解内容が…

レイクの債務整理体験談

債務整理をした結果、借金の金額が減りました。/28歳フリーター

借入額100万円

身内の借金は肩代わりよりも債務整理を勧めたい

借入額200万円

ギャンブルによる借金から立ち直れました

借入額360万円

他人のために借金をしてはならない

借入額160万円

生活費に困って借金。簡単に借りられるため計画性を見失い借金地獄に。

借入額120万円

軽い気持ちではじめたことが自己破産に

借入額120万円