お金にルーズな性格がたたり、借金返済に追われる日々を送っていました。

2019.02.06 更新

OL

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
2年6ヶ月
毎月の返済額
6万5千円

欲しいものがあり、お金を借りたのが始まりです。

私はもともとお金にルーズな面がありました。貯金をしようなどとは考えず、お金があればあるだけ使っていたのです。何か欲しいものがあって手持ちがない場合、ATMですぐにお金を下ろして買います。そのため、消費者金融でお金を借りるのも、私にとっては自然な流れでした。初めて借りたときは、1万円程度の額だったのです。そのため、次の月の給料日に返済したらいいと思っていました。借りては返すを何度か繰り返していくうちに、だんだんと借りる額も増えていったのです。当時の私は、自分がお金にだらしがないなどとは思っていませんでした。

アコムから200万円の借金。毎月6万5千円の返済。

お金を借り始めた頃は少額で、給料から出せる範囲内でした。しかし、借金を重ねるごとに額がだんだんと大きくなっていったのです。ネットで簡単に借りることが出来るというのが、自分にとってはよくありませんでした。感覚がマヒしていくのです。お金にルーズだという自覚がないのも問題でした。お金を借り始めた頃はきちんと返していたため、自分はしっかりと返済が出来ると過信していました。しかし、金額が大きくなるにつれて、返済が困難になっていきました。生活費を削ってどうにか借金を返済しても、生活費のためにまた借りるという行為を繰り返していたのです。

借金返済の日々から解放されました。

毎月借金を返済しては借りるを繰り返していた私は、精神的に参っていました。借金があることを周りの人に知られたくないと思っていたので、誰にも相談が出来ずにいたのです。しかし、このまま借金の返済に追われる日々を送るのは限界だと感じていました。そして私は、自己破産をするという道を選びました。自己破産に対してネガティブなイメージを持っていましたが、自分の人生をやり直すチャンスだと考えることにしたのです。自己破産をしてしまったという罪悪感を多少持ちはしたものの、借金の返済に追われずに済むという喜びのほうを大きく感じました。

収支を見直すキッカケになりました。

借金を返済出来ずに自己破産をしたことで、初めて自分がお金にルーズなのだと思い知らされました。今まではお金があったらあっただけ使っていましたが、これからは何か欲しいものがあっても、1度立ち止まって考える癖をつけるようにしたいです。そして、収入が少なかったとしても、その少ない収入の中で上手くやり繰りが出来るように頑張ろうと思っています。己の物欲に従っていたらキリがないです。借金をして初めて気づかされました。甘い考えでお金を借りてはいけないですね。だんだんと感覚がマヒしていきます。身を持って思い知らされました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理を依頼するなら司法書士・弁護士どっち?費用や手続きの違い

目次債務整理にかかる費用は弁護士よりも司法書士の方が安い司…

アコムの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次利息をカットも|アコムの借金を任意整理するメリットまと…

任意整理でアイフルの借金を減らしたい時の要確認ポイント

目次アイフルの借金を任意整理する際の4つのメリット。将来利息…

アコムの債務整理体験談

やり直す事が出来ました

借入額280万

借金問題は専門家による過払い金請求

借入額120万

離婚の慰謝料を払うのに借金をし、借金地獄にはまりました。

借入額250万円

浪費癖がたたり、多額の借金をするハメになりました。

借入額400万円

借金の悩みが亡くなりました。

借入額120万円

過払い金返還請求に利用目的は関係ない

借入額200万円