マイホームのローンが払えそうです。

2019.03.13 更新

会社員

借入先業者名
借入額
210万円
借入期間
7年1か月
毎月の返済額
6万円

マイホームにお金をかけすぎ、生活費に借金しました。

お客様に満足してもらえる住宅を設計する仕事を続けており、自分の家となるとそれまでのノウハウを生かしたいと思い、予算度外視の住宅にしてしまいました。毎月ローンの支払いがぎりぎりで、返済できないときにはサラ金で生活費を借りることも多かったです。利用限度額が高かったのであまり気にせず借金を繰り返したものの、気が付いたら100万円台にまで借金が膨らんで、住宅ローンを二つ抱えているような状態でした。このままでは返済ができないと思い、何か良い債務整理の方法はないかと相談に行きました。

プロミス、レイク、アイフルから210万円借りて、毎月6万円返しています。

利息も含めるとプロミスから100万円、レイクから60万円、アイフルから50万円の借金があり、滞納こそありませんが住宅ローンを合わせると毎月15万円近く返済をしていました。妻もフルタイムで働いていましたが給料は全額ローンの返済に消えており、子供の学費や習い事に十分なお金がかけられない状態です。数年後には子供の大学進学で一人暮らしの費用も発生しますので、早めに借金を何とかしたいと思って弁護士のところに相談に行きました。その結果、個人再生の申し立てをすることになった次第です。

マイホームを何とか守れそうです。

住宅ローン以外に6万円あった返済は、毎月およそ2万円、5年間で完済の再生計画になりました。およそ100万円ちかい減額になっていますので、申し立ての費用がかかったとはいえかなり負担が減っています。弁護士への支払いは、支払いが楽になった余剰分で数か月かけて分割で払うことになりました。今後の返済歯口座引き落としではないので振込手数料がかかるものの、利息も付かないということですので、ゆっくり計画通りに返していくつもりです。住宅ローンはそのままですが、住宅には住み続けられるので頑張ります。

住宅を守れて家族が安心しています。

借金を滞納してマイホームを失うことは、家族全員にとっての不安要素でした。しかし、今回の再生手続きで住宅を守れることになり、家庭の中が明るくなって安心感が漂っています。今まで以上に返済を問題なく続けられるよう、家族も協力的になっており、一致団結できたように感じました。弁護士からも家計に関してのアドバイスなどをもらうことができ、今まで妻一人に任せていた家計管理に参加するなど、いろいろな変化が起きています。本当の意味で生活をやり直すため、個人再生の申し立てをしたのは正解でした。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理は生命保険に影響しない?変わらず契約するために必要なこと

目次債務整理をすると生命保険は強制的に解約になる?生命保険…

アメックスの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次アメックスの特徴アメックスの借金を債務整理するときの注…

任意整理と自己破産・個人再生の違いは?最適な借金返済手続きはど…

目次自分にはどの債務整理が最適?任意整理とは?任意整理のメ…

レイクの債務整理体験談

競馬で勝って以来競馬にはまり、借金地獄に陥りました。

借入額150万円

司法書士が借金の状態を細かく管理してくれたので合理的に借金を完済できた

借入額240万円

お金を借りすぎて、首が回らなくなりました。

借入額200万円

風俗にお金をつぎ込み借金地獄になりました。

借入額190万円

借金の理由は会社が経営不振で収入が減ったためでした

借入額200万円

店が赤字で生活費が足らなくて借金をしました

借入額300万円