手間が掛からない過払い金請求

2019.03.12 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
90万円
借入期間
4年6か月
毎月の返済額
4万円

家賃を滞納してしまい、支払いのために借金をしました。

サラリーマンとして会社勤めをしていましたが、部署異動をすることになり職場が変わりました。新しい部署の上司との折り合いが悪く、何かと目の敵にされる毎日が続いていたため精神的にも参ってしまい会社を辞めてしまいました。アルバイトをしながら退職金とわずかな貯金で生活していましたが、毎月の収支は赤字で徐々に貯蓄も無くなっていきました。次第に生活が苦しくなってきて家賃を1年分ほど滞納してしまいました。これ以上滞納が続くようであれば立ち退いてほしいと言われてしまったため消費者金融から借金をして家賃を支払いました。

モビットから50万円、レイクから40万円。月々4万円の返済。

仕事を辞め家賃を滞納するようになってしまったため消費者金融から借金をしましたが、そもそも毎月の収支が赤字なので返済は困難でした。掛け持ちでアルバイトをしていましたが、時給もそれほど高くなく毎日食べていくだけで精一杯でした。大家さんからの家賃の取り立ても厳しくなってきて何となく近所でもうわさが広まっているようで肩身が狭い思いをしていました。正社員としての就職を目指して就職活動もしようと思いましたが、アルバイトのシフトを入れないと明日の食べるものも厳しい状態で泥沼にはまっていました。

過払い金請求で借金をキレイに完済できました。

家賃の滞納によって消費者金融から借金をしてしまいましたが、正社員としての就職もできずフリーターとして毎日必死に生活をしていました。早朝や深夜のアルバイトをして何とか毎月の返済を行っていましたがどうしてもお金が用意できないときは借金を払うためにまた借金をするという悪循環を繰り返していました。そんな時に偶然電車の中刷り広告で過払い金請求のことを知りました。自分と似たような境遇の人でもお金が戻ってきていることが分かったので早速弁護士の先生に相談をしました。結果として借金をすべて返済することができました。

就職活動をする時間ができて、人生をやり直せました。

過払い金請求をして感じたメリットは自分の時間をほとんど取られないことが挙げられます。アルバイトを掛け持ちで行い、隙間の時間で就職活動を行っていたので、過払い金請求に多くの時間を掛けることは不可能でした。最初の相談の電話で弁護士の先生に謝金の詳細を伝えたら、後の手続きはすべて先生が代行してくれたためとても助かりました。面倒な書類の作成や実際の請求手続きなどはどのように行ったらよいのか見当もつきませんでしたので自分一人では絶対に過払い金を取り戻すことはできなかったと思います。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理を依頼するなら司法書士・弁護士どっち?費用や手続きの違い

目次債務整理にかかる費用は弁護士よりも司法書士の方が安い司…

弁護士に債務整理の依頼をする前に…知っておきたい費用や探すポイン…

目次債務整理の手続きを弁護士に依頼するメリット5つ1.最適な…

知っておいて損はない、借金額と債務整理の「微妙な」関係

目次手続きの種類と目的、債務者の状況で債務整理の効果は変わ…

レイクの債務整理体験談

ギャンブルがきっかけで預金を使い果たし、借金をしました。

借入額180万円

任意整理のおかげで借金が約1/4にまで減り、人生をやり直すことができました

借入額300万円

変なプライドから周りの人に見栄を張るために大量の借金をしてしまい、辛い借金が始まってしまいました。

借入額400万円

競馬の大穴狙いを失敗して借金生活に

借入額230万円

車を手放せずに債務整理が遅れました

借入額400万円

自己破産をして楽になる

借入額300万円