離婚がキッカケで住宅ローンが残りました

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
530万円
借入期間
6年3ヶ月
毎月の返済額
8万円

転勤を命じられたものの妻に拒否されて離婚を選択しましたが、住宅ローンを清算しても負債が残りました。

中小企業に勤務していたので、本社と周辺の支店は首都圏のみにあったので夫婦で住宅ローンを組んでマンションを購入しました。しかし、5年後に業務拡大に伴い名古屋支店親切に伴い転勤が決まり、期限なしの転勤でしたから妻とも揉めました。結局は双方とも仕事を優先することになったので離婚をし、マンションは売却することになりましたが、住宅ローンの残債が4900万円あったので売却をしても残ったローンは1人あたり530万円でした。元妻の実家は裕福だったので、実家で立て替えて終わったようでしたが、こちらはどうにもならずに借金生活となってしまいました。

三井住友銀行に530万円の借金。月々8万円の返済。

名古屋への転勤先では、社宅が用意されるわけではなく、賃貸物件を借りての生活でした。現状ではどうにもならずに家賃と住宅ローンの残債を支払う日々に生活が苦しい状況が続いて、精神的に参ってしまった状態に陥ったのです。長らく体調不良が続いてしまい、1週間の休養を取ることにしました。休養を取っている状態にも関わらず、夜寝付きが悪くなり常に不安に襲われる状態となっていたので、精神科へ通院すると鬱状態に陥っていたのです。薬を処方されてしまうと、全くやる気が出ない状態となってしまうので、運動療法を行なうことになりました。

自己破産により借金が全額無くなりました。

お金を掛けずに鬱状態から脱するために、運動療法を行なうことにしたわけですが、原因が住宅ローン残債にあることが明らかでしたから、弁護士に相談することにしました。自己破産を行なうことで、悩みの原因が消えることからすぐに準備して手続きすることを勧められたのでその場で依頼しました。陳述書の作成や家計簿を付ける作業を行なう中で、仕事に復帰して自己破産費用を稼ぐと意識して乗り切ったことを覚えています。自己破産申し立てを行い、免責決定を受けたことで今までの悩みの種となっていた借金が無くなりました。

新しい生活をスタートさせることが出来て、明るく生活出来るようになりました。

マイホームの購入を行なう時期が早かったので、かえって苦しむ結果となってしまいましたが、自己破産を行ったことで過去とは決別して新しい人生を歩んで行けるキッカケを作ってもらえたと感謝しています。免責決定を受けた後からは、笑顔が増えたと同僚にも言われるようになったので、運動療法を行なう時に始めたサイクルスポーツを発展させて、今ではトライアスロンに挑戦しています。ハードな運動自体にストレス解消効果があることを今まで知らなかったので、新しい経験が出来て良かったと考えています。自己破産手続きを準備している段階から続けている家計簿は、今後も当面は借入が出来ないので続けて行きたいと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理は結婚に影響しない!結婚したらローンは組めるのか?

目次結婚前の債務整理には任意整理がおすすめ【結婚生活に影響…

任意整理を依頼すると取り立てがすぐ止まるってほんと?

目次任意整理でつらい取り立て、督促はすべて止まる任意整理を…

任意整理後の賃貸契約で注意すべき点

目次任意整理してブラックリストに載っても賃貸契約を結ぶこと…

三井住友銀行の債務整理体験談

周りに見栄を張って散財。クレジットカードを限度額まで使い借金苦に。

借入額200万円

早めの相談が借金解決への第一歩です

借入額152万円

開放感はお財布に適用したら駄目です

借入額200万円

小規模個人再生手続きは債務額が大きいほど効果があります

借入額670万円

老後破産した義両親に援助して借金をつくってしまいました

借入額230万円

やっと普通の生活に戻ることができました

借入額190万