離婚が借金の始まり、最後には任意整理をしました

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
240万円
借入期間
3年1ヶ月
毎月の返済額
8万円

離婚で必要になった費用が貯金で払いきれず借金。その後の支払いもありどんどん借金を重ねていきました。

結婚してから数年、妻以外の女性に心惹かれるようになり軽い気持ちで浮気をしたら、そのことが妻にバレて離婚することになりました。100パーセント私が悪かったため妻への慰謝料の支払いや子供への養育費・引っ越し費用や必要な準備金など、合わせて200万円程を支払う必要がありましたが、その頃の貯金額では足りなかったので消費者金融から借りる他ありませんでした。その後も毎月の養育費や慰謝料の支払いで生活がカツカツでしたから、事あるごとに消費者金融からお金を借りていました。足りなくなったら借りるを繰り返していたら、借金はいつの間にか200万円を超えていました。

プロミス、アイフル等の消費者金融からそれぞれ50万程の借金。月8万の返済。

離婚の原因は自分だったという罪悪感から、慰謝料や養育費を支払うためなら借金も仕方ないと思うようになっていました。月末に給料が振り込まれてもそれはすぐに借金の返済と家賃や公共料金の支払いに消えていってしまい手元に起こるのは微々たる金額でしたから、また養育費や慰謝料の支払いのために別から借りる。そんなことを何回も何回も繰り返しました。毎日毎日お金のことばかり考える生活が続き、精神的に追い込まれていきました。仕事にも集中できずミスが多くなり、上司からは怒られることが多くなりました。

債務を圧縮することが出来、悩みが解消!借金も全額返済が完了しました。

借金がみるみる増え返済も出来ず、元妻への慰謝料などの支払いも出来ない状態になってしまったので、私は離婚の際にお世話になった弁護士さんに相談し債務整理の中の「任意整理」をすることに決めました。任意整理をすることで返済してきた期間によっては過払い金を取り戻すことが出来、しかも返済金額を今よりも少なくすることが出来ると知ったからです。弁護士さんにお願いしてその手続きをすると、説明された通り借金の合計が半分になり、月々の返済金額についても8万円だったのが3万円にまで減りました。

お金のことばかり考える必要が無くなり、仕事も意識をきちんと保ってこなすことが出来るようになりました。

借金がどういうものかを学ぶ良い機会となりました。借りたものはきちんと返さなければいけないという当たり前のことが出来なくなったのは、「自分の浮気が原因で離婚したのだから、もうこれ以上誰にも格好悪いところを見せたくない」という見栄や意地からきていたと分かり、自分にはそういう面がありそれは悪い癖であると理解し改善する必要があるということにも気づくことが出来ました。別れた妻や子供・私の両親に任意整理をしたことがバレてしまうのではと不安でしたが、誰にもバレること無く手続きできました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

借金問題解決のため、夫婦で債務整理をする場合について

目次夫婦のどちらも借金がある場合の債務整理について夫婦で借…

アルバイトでも債務整理できる?

目次「安定した(継続的な)収入」があることがポイントアルバ…

知っておいて損はない、借金額と債務整理の「微妙な」関係

目次手続きの種類と目的、債務者の状況で債務整理の効果は変わ…

武富士の債務整理体験談

債務整理をすることによって、金銭面の不安が解消!

借入額600万円

借金の苦しみから解放されました

借入額280万円

過払い金が手に入りました。

借入額130万円

借金がゼロにはなりました。

借入額120万円

結婚してからも夫に隠れて借り続けた借金250万円が原因で任意整理をすることに

借入額250万円

精神的に楽になりました

借入額290万