夫が事故で働けなくなって借金で生活費を補てんしました

2019.03.13 更新

主婦

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
5年2ヵ月
毎月の返済額
5万円

夫が事故で働けなくなって、キャッシングで生活費を作りました。

結婚してしばらくして妊娠が分かり、幸せの絶頂にいましたが、そんな時に夫がプライベートで事故に遭いました。自分が働ければいいのですが、妊娠中でつわりが酷く、夫婦そろって入院しなければいけなくなりました。結婚式で貯金の半ばを使い果たしていてお金がなく、保険に加入していたものの全額が支払われるわけではなく、医療費が足りず仕方がなくキャッシングで作りました。しかも退院しても夫はすぐに働くことができなく、私も出産となって身動きが取れなくなってしまい、生活費を借金で賄うしか方法がありませんでした。

三井住友100万円、アイフル50万円、レイク50万円、月々5万円の返済

夫が事故で、自分が妊娠と出産で働くことができなくなり、貯金もなく借金で生活をするような日々が続きました。仕事に復帰すればすぐに返せると思っていましたが、夫が仕事復帰してもなかなか長時間の仕事ができなく、その分、当たり前ですが収入が下がりました。私自身も出産後に体調を崩して、また付近に頼れる人がいなく赤ちゃんを任せられず、内職くらいしかすることができませんでした。なんとか返済だけは続けていきましたが、生活費が足りなくなりキャッシングするという、悪循環から抜け出せず、夫と喧嘩が多くなり家庭環境が悪化しました。

個人再生で大幅な減額となり、返済がしやすくなってくれました

夫が仕事復帰しても生活の再建ができなく、困って弁護士さんに相談することにしました。そこで債務整理をすすめられて、複数ある方法の説明をされた後に夫婦で相談して、個人再生に決めました。自己破産はこれからを考えるとリスクが大きく、それ以外で借金の額が大きく減るのが個人再生でした。弁護士さんにお任せして無事に可決されて、借金の総額が減りました。おかげでこれまでと違っていつまでたっても返せないという不安がなくなって、気持ちも落ち着き、二人で頑張って返そうと前向きに考えられるようになりました。

生活の立て直しを考えて、夫婦間の仲が戻りました

借金の相談をした時に、医療制度について説明もされて医療費の一部を取り戻すことができました。また生活再建について夫と真剣に話し合うことができて、これまでの喧嘩腰やヒステリーと違って冷静に話し合うことができました。そして生活費全般の切り詰めとして、通信費をはじめとして光熱費をセットにすることで大幅に節約につながりました。保険料も同様で、これまで放置していたことに手を付けていき、生活の再建をはじめていきました。喧嘩も少なくなって、改めて家族で頑張っていこうと絆が深まりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理後の賃貸契約で注意すべき点

目次任意整理してブラックリストに載っても賃貸契約を結ぶこと…

車ローンを債務整理対象にするとどうなる?完済後の審査は?

目次車のローンを債務整理の対象にすると、愛車はどうなる?債…

債務整理は生命保険に影響しない?変わらず契約するために必要なこと

目次債務整理をすると生命保険は強制的に解約になる?生命保険…

三井住友銀行の債務整理体験談

夫に内緒で、ブランド品や美容品が欲しくて借金を

借入額140万円

風俗にはまり支払った代償

借入額280万円

兄弟の借金を肩代わりして思い知らされました

借入額400万円

個人再生手続きで借入額を減額しました

借入額500万円

開放感はお財布に適用したら駄目です

借入額200万円

自分の経営しているお店の運転資金が不足したので借金をした

借入額380万円