キャッチセールのローンで借金をしてしまいました

2019.02.06 更新

OL

借入先業者名
借入額
180万円
借入期間
4年3か月
毎月の返済額
5万円

キャッチセールで商品を購入してローン支払いが厳しくキャッシングで借金を作りました。

社会人になってすぐに恋人の二股が発覚して、けんか別れをしました。そんな時に化粧品のキャッチセールスに引っかかり、綺麗になれるという言葉にすがるように契約を結んでしまいました。当時はクーリングオフのことも知らず、毎月かなりの額の化粧品代のローンを支払い、生活費の方が足りなくなって、リボ払いからキャッシングというと、絵に描いたような行動をとってしまいました。なんとか化粧品代は数年かけて返せましたが、リボやキャッシングの返済は思うように進まず、いつも生活費に苦しむ状態が続きました。

プロミス100万円、楽天カード80万円、月々5万円の返済

新入社員の給料から毎月5万の支払いはかなり辛く、欲しいものも満足に買えない不自由な生活が続きました。それでもボーナスを利用するなどして、化粧品代として借りたプロミスの方は返済が終わったのですが、楽天カードの方が厄介でした。こちらの方は月に1万円の返済でしたが、その間もリボ払いやキャッシングを繰り返し、元金はまるで減らず、会社の業績が悪化してボーナスのカット、給料も下がって本当に困ってしまいました。生活も切り詰めてギリギリになっていて、これ以上削るところがありませんでした。

過払い金請求でかなり額が戻ってきて、返済の助けになりました

何時までも終わらない借金の返済、そして会社の業績悪化のために収入が下がり、生活を続けることができなくなってきました。恥を忍んで弁護士さんに相談したところ、過払い金の可能性があると説明を受けて、過払い金請求をお願いすることにしました。すると想定以上の金額が戻ってきて、残っていた楽天の返済に充てることができました。これによって半分以下に減ったところで、両親に助けを求めてお金を借りて完済しました。過払い金を知らなければ借金の額が大きすぎて親を頼ることはできなく、行ってみて良かったです。

過払い金請求をきかっけに借金を返すことができました

借金をするというのは恥ずかしいことという感覚があって、ギリギリになるまで弁護士さんに相談することができませんでした。しかし生活が成り立たなくなってきて、相談したところ、いろいろな役立つ情報を教えてもらいました。過払い金請求にはじまり、両親へ融資を頼む、さらに生活全般の見直しなどをすすめられました。特に保険は無駄な部分も多いらしく、ファイナンシャルプランナーにチェックしてもらい、コンパクトにしたところ月々の支払いが楽になりました。恥ずかしがらず、誰かを頼ることも大切だと知りました、

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理すると家族に迷惑をかける?家族への影響と注意点について…

目次どの債務整理を選ぶかで家族への影響は異なる任意整理が家…

債務整理の手続きで大きな効果を発揮する受任通知!そのメリットと…

目次受任通知とは?受任通知のメリット「受任通知」と「委任状…

総量規制の対象になったら債務整理を検討するべき?

目次総量規制の基本総量規制の条件総量規制のおまとめローンへ…

楽天カードの債務整理体験談

初めは20万でした。返したり借りたりを繰り返して気がつけばとても給料では返済できないくらいに。

借入額130万円

連帯保証人となって借金を背負い込みました

借入額180万円

浪費癖があり、借金をすることに。

借入額370万円

甘かった自分の判断に反省/32歳フリーランス

借入額240万円

【楽天カード】不妊治療のためにお金を借りました

借入額200万円

怖くない自己破産、借金を帳消しに

借入額500万円