任意整理は弁護士選びが大切です

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
170万円
借入期間
8年1ヶ月
毎月の返済額
7万円

インターネットや携帯電話の支払いにクレジットカードを利用していましたが、リボ払い専用カードを使用していたので毎月の支払いは一定でした。生活費が安定するので、余り気にせず使用しているとリボ払い残高が80万円に到達していました。枠を使い切りそうだったので、他のクレジットカードや消費者金融のカードを作成していると、いつの間にか利用可能枠がそのまま自分のお金かのような感覚に襲われてしまい、つい使ってしまう状態になっていました。計画的に返済するという点が見えなくなっている状態に陥ってしまったのです。

オリコから70万円、エポスカードとモビットから各50万円の借金。

オリコの滞納を行なう前に、突然全てのカードが利用可能枠があるにも関わらず利用停止となりました。オリコに問い合わせすると、貸金業法改正に伴う総量規制により利用出来なくなったという話でした。オリコの電話が最も威圧的だったので、エポスカードとモビットの支払いは続けてオリコについては後回しにしていました。毎日督促の電話が掛かって来るようになり、職場にも電話が掛かってきます。驚いて電話に出ると昼休みに折り返すよう支持する電話でした。オリコからの70万円のリボ払い残高が減らずに残っていたので、一括返済を求めることになると警告されていました。

オリコの借金は過払いでした。エポスカードとモビットの借金を元金返済することになりました。

余りにも毎日オリコからの電話が掛かって来るので、派遣先の契約が更新されず失業状態になりました。債務整理をするしかないと弁護士に相談する際に、調べてみると債務整理專門の弁護士がいることが分かり依頼することにしました。債務調査を行う間、弁護士に受任通知を発送してもらうとオリコからの督促が止まりました。オリコへは過払金返還請求を行い、エポスカードとモビットには将来金利と経過利息を免除してもらい元金のみを毎月返済することで和解しました。借入期間が長かったので、金利引き直し計算を行なうことで借金が減額されました。

生活を見直すキッカケとなりました。

今まで家計簿を付ける習慣が無かったのですが、債務整理を行なう中で任意整理を選んだ時に毎月元金を返済する必要がありました。収支を見直すことで、最低限必要な生活費を割り出すことが出来たので、元金3万円を継続して返済することが可能と分かったのです。職場は変わりましたが、必要な収入を割り出すことが出来たので無理に残業を続ける必要もなくなり、資格試験取得に向けて勉強をする意欲と時間を確保出来たのです。督促に追われる辛い日々を経験したからこそ、債務整理により得られた落ち着いた生活が新鮮に感じます。贅沢な暮らしを見直すキッカケとなったので良かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

ライフカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次ライフカードの特徴ライフカードの借金を債務整理するとき…

プロミスの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次将来利息をカット!大手消費者金融、プロミスの借金を任意…

総量規制の対象になったら債務整理を検討するべき?

目次総量規制の基本総量規制の条件総量規制のおまとめローンへ…

モビットの債務整理体験談

ギャンブルがきっかけで借金をするようになりました。

借入額200万円

借金返済は続きます。

借入額110万円

簡単な手続きで借金が無くなる過払い金請求

借入額160万円

お金が戻るとは思いませんでした。

借入額200万円

個人再生手続きで借入額を減額しました

借入額500万円

地道に借金を返せるようになりました

借入額190万円