債務整理をしての結果

2019.03.26 更新

会社員

借入先業者名
借入額
250万円
借入期間
5年5ヶ月
毎月の返済額
10万円

遊びでお金がなくなり生活費を補填するため

大学を卒業したと同時に就職したのですが、地方の支店に配属となったことでそれまで実家暮らしだったので食費や家賃は特別必要なかったので自分で稼いだお金は自由に使ってよかったのですが、一人暮らしをする事になったので本来は自分で食費や家賃、光熱費等諸々の生活費を取っておかなければならないにもかかわらず馬鹿な私は、実家暮らしの時と変わらない生活を続けてしまいました。さらにそこで覚えたギャンブルや風俗に全て使ってしまい、生活費が無くなってしまったので、借金してその場を凌ぐことにしました。

アコム・レイク・三洋信販・モビット・ゼロファーストから各50万円ずつ毎月各社2万円ずつの返済

借金することでその時に借り入れ出来る融資枠が自分の貯金であると錯覚してしまい、お金遣いがさらに荒くなりました。そして限度額が一杯になってしまってからは、毎月返済して利息分を支払い、余った分を再び借り入れをする自転車操業で何とか取り繕っていたのですが、そのうち金融会社の限度額の見直しが入りそれすら出来なくなってしまってからは延滞をするようになってしまいました。それからは職場へ督促の電話が来るようになり、同僚には借金をしているのがバレてしまいその同僚から借金することになり会社での立場が急激に悪化した。

会社や自分への督促が無くなり、もう一度計画的に返済する事が出来るようになった

まずどの債務整理を選択するかにもよりますが、私が選択した任意整理をした結果としては、一番自分が心配し、心の負担になっていた自分自身や働いている職場に毎日のように掛かってきていた借金の督促の電話が任意整理の手続きをした次の日からぱったりと無くなりました。そして毎月各社に2万円ずつ、合計で10万円の支払いをしていましたが、弁護士の方と話し合い自分自身の収入状況や生活に必要な金額を計算して支払額を決めました。その結果として月々各社7000円の支払いで月々合計3万5000円の支払いに減額していただくことが出来ました。

もう一度計画的にその借金を返済することで気持ちに余裕が出来ました。

債務整理をすることによって、借り入れ業者からの督促が無くなり自分自身の借り入れ残高が大幅に減額される事による精神面でのメリットも大きいと思います。それは弁護士の方に成功報酬や着手金を支払ったとしても余りある非常に大きなメリットです。その上任意整理をすることにより、任意整理から5年間は新たな借金をすることが出来なくなりクレジットカードすら持つことが出来なくなりますが、逆にその5年間で自分自身の生活を見つめなおし、借金体質から抜け出す事が出来たことはこれからの人生においても大きなメリットでした。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理をしても携帯電話やスマホの分割購入ってできる?

目次任意整理をしても携帯電話の新規購入や機種変更は可能!現…

債務整理の費用は分割払いできる?

目次債務整理をする場合、裁判所や専門家への費用がかかる!裁…

債務整理すると家族に迷惑をかける?家族への影響と注意点について…

目次どの債務整理を選ぶかで家族への影響は異なる任意整理が家…

三洋信販の債務整理体験談

取引期間が長いと任意整理で一気に借金が圧縮出来ました

借入額240万円

スナックのホステスにはまってしまいました。

借入額500万

賠償金は減額出来ないが過払い金請求は出来ます

借入額140万円

副業で商売を始めることは難しかった

借入額160万円

相続税対策は親に依頼しておくべきでした

借入額400万円