失ったものも得たものもあります。

2019.02.06 更新

OL

借入先業者名
借入額
70万円
借入期間
7年9か月
毎月の返済額
3万円

両親の借金の返済に使いました。

社会人になってしばらくした頃、両親が株で大損をしたという話を聞きました。すぐに破産を勧めましたが、家を手放したくないと言って返済に固執するため、私もやむなくサラ金で借金して返済の手助けをしました。結局、それでも払いきれない借金だったので両親は自己破産しましたが、私自身は返済できる範囲内だったので破産せずにそのまま払い続けました。それから数年して、今度は母の入院費が必要になり、せっかくほとんど返し終えていたのにまた借金をする羽目になり、しばらく返済をしていたものの、限界でした。

アイフル、モビット、セディナから70万円借りて毎月3万円返済しています。

アイフル、モビット、セディナから合計で70万円の借金があり、滞納がないので業者からの連絡は来ませんが、毎月の支払いは苦しいです。今後もし、また両親に何かあったとしてもこれ以上の借金を追うことはできません。それでも、私が借り入れができる状態であれば両親はまたこちらに頼ってくるでしょうし、突き放せる自信もありません。八方ふさがりになっていたところに、債務整理をした知人から弁護士の紹介がありました。法律相談を無料で受けてくれるという事だったので、借金について相談してみました。

自己破産で借金を払わなくてよくなりました。

自己破産申し立てをしたところ、無事に破産決定と免責決定が下りて、借金がなくなりました。弁護士への報酬はかかりましたが、今まで毎月3万円も消えていたことを考えると、月1万円の分割払いだけで済むのはとてもありがたいです。両親には自己破産したことを告げて、これ以上手助けはできないと言いました。破産したことでローンの残っていた車はなくなりましたが、逆に身の回りがすっきりして快適です。弁護士への報酬を払い終えたら、今後は自分のために少しずつでも貯金をしていこうと考えています。

お互い親離れ、子離れができました。

今までは両親が困った時に良く手助けをしていたのですが、自己破産をしたことで物理的に借金ができない身になり、両親にもこれ以上の援助ができないと伝えました。勝手に手続きをしたことに不満もあったようですが、最終的には納得するしかなく、お互いに本当に困った時以外には寄りかからず、自立して生きていこうという結論になりました。自己破産のような強引な手段を取らなければ、結局私もずるずると援助を続けていたでしょうし、両親も甘えてきたと思います。失ったものもありますが、手続きをしてよかったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

2回目の債務整理(任意整理)は可能!1回目と異なる注意点

目次2回目の債務整理は可能。しかしデメリットを受ける可能性も…

楽天カードを任意整理すると審査はどうなる?

目次楽天カードの借入を任意整理するメリット3~5年で無理なく…

モビットの債務整理体験談

先輩に誘われたギャンブルに嵌ってしまった為、借金。

借入額300万円

駄目な教育者の私生活

借入額200万円

FXに熱中。一攫千金を夢見ていつの間にか借金まみれに。

借入額330万円

返済を助けてくれる道は必ずあります

借入額ほぼ500万円

きちんと完済できるように調整してくれた

借入額150万円

見栄をはるために浪費をしすぎました。

借入額300万円