セドリに手を出しすぎて在庫を抱えてしまった

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
300万円
借入期間
4年10ヶ月
毎月の返済額
9万円

派遣社員としての給与では収入が不足して副業に手を出すため借金。

派遣社員として派遣先で仕事をしても、月給が16万円程度にしかなりませんでした。慢性的な金欠状態を打開するために、副業としてセドリの存在を知り、情報商材を購入して専用機器を揃えて取り組むことにしました。近所の古書店に行き、本やCDのバーコードを専用リーダーでスキャンして高値販売出来そうなら購入して通販やオークションに出品する形式で稼ぐ方法です。端末情報により、売価の確認は出来るもののいつ売れるかのトレンドまでは分からないことから、次第に抱える在庫が増えて仕入れに使ったお金が借金として積み上がりました。

アイフル、アコム、シンキから各100万円の借入。毎月9万円の支払い。

在庫数が増えるだけでなく、派遣先が終了した後に次の派遣先が決まるまでの空白期間には、セドリが本業となっていました。生活費と仕入れを借金で賄う状態となっていたので、雪だるま式に借金が膨れ上がって行く状況が確認出来たのです。しかし、今更抱えた本やCDを捨て値で売ることも出来ずに、在庫数が数千点に増えていました。セドリを行なう際には、一時的に価格が上昇しているだけの場合もあるので、投資を行なう時のようにある程度の損切りが必要とはこの時にはまだ知らなかったのです。生活環境が次第に悪くなって行くことだけは理解出来ました。

自己破産申請を行い、免責決定を受けることで債務の免除がされました。

仕入れた在庫が売れない状態が続いていたので、収支の悪化が目に見えるほど明らかでした。仕方なく法テラスに電話して、法律相談の予約を取り弁護士に相談すると、自己破産を勧められました。中古の本やCDの販売については、もうこれ以上仕入れずに全て売却して返済に充てるように言われました。実際の自己破産申立てを行なう時までに、価格が付くものは全て売却して残りは処分価格で買取を行える業者に任せました。全ての取引を明細にして、申立書に添付することで破産免責決定を得ることが出来ました。副業を同時に清算したことになります。

自己破産により借金が無くなり、地道に働くことが確実と思い知りました。

転売業務自体は、安く仕入れて高く売れば良いだけですから単純な仕組みです。しかし、しっかりとした目利きがあって初めて商売として成立するものですから、素人がセドリ専用ツールを手に入れたからといって優良在庫を手に入れられるとは限らないことを知りました。自己破産の申し立て書類を準備する段階で、陳述書や家計簿を記入していると、今までの生活ぶりが明らかになり反省点が多いことに気付かされました。自己破産の破産免責決定後の生活を考えて、家計の見直しが改めて必要と実感したわけです。十分に反省する期間を与えられたことで、新しい生活を始めることが出来ました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理にかかる費用は?弁護士費用を安く抑える3つの方法

目次任意整理にかかる弁護士費用の相場と内訳「手元に依頼費用…

任意整理で月々の返済額はどのくらい減る?

目次任意整理とは?メリットは主に2つ!任意整理によって月々の…

債務整理は結婚に影響しない!結婚したらローンは組めるのか?

目次結婚前の債務整理には任意整理がおすすめ【結婚生活に影響…

ノーローンの債務整理体験談

借金返済には睡眠時間が大切です

借入額200万円

リストラ勧告を受けた時に最後までしがみついて損をした

借入額180万円

ギャンブルにハマると抜け出せなくなります

借入額270万円

病気休業は独り暮らしの盲点でした

借入額350万円

持ち家を売らずに済む方法として給与所得者等再生手続を選びました

借入額260万円

身内の借金は肩代わりよりも債務整理を勧めたい

借入額200万円