毎月8万円近くあった返済が任意整理で半分になりました

2019.03.22 更新

会社員

借入先業者名
借入額
300万円
借入期間
5年3ヶ月
毎月の返済額
8万円

リーマンショックをきっかけに収入が激減。クレジットカードに手を出した結果自転車操業状態に。

私は大手の下請けをしているIT系企業で勤めているのですが、先のリーマンショックをきっかけに会社の受注量が激減して収入が大幅に減ってしまいました。子供の養育費や住宅ローンの支払いなどに追われほとんど貯蓄がなかったので、この収入減は家計を直撃。住んでいたマンションを引き払うなどして生活レベルを落とすという考えが欠落しており、収入ギャップを埋めるためにカードローンやクレジットカードに手を出すようになってしまいました。最初は1社だけだったのですが、あれよあれよという間に多重債務状態に陥った次第です。

プロミスと三井住友から計150万円、クレジットカード3社から150万円の借入。毎月8万円の返済

最初のカードローンに手を出していた頃は、またすぐ収入はもとに戻るだろうと楽観していたのですが、不景気が予想以上に長引いてしまい、徐々にカード数が増加。ボーナスすら出ない状況を客観視して生活レベルを落としていれば良かったものの、どうしても見栄が先行してしまい気づけば家族に内緒の借金は300万円に到達。当初は学生時代に蓄えた僅かな貯金を取り崩したりして何とか凌いでいたのですが、そのような蓄えも一切無くなり精神的にかなり追い込まれました。些細なきっかけで妻と喧嘩することが増え、家庭の雰囲気はかなり険悪になってしまいました。

任意整理をしたら借金が半減。こちらのどんな質問にも即答してくれる司法書士さんには誠意を感じました。

自転車操業に追い込まれていた当時、偶然目にした法律相談のウェブ広告を目にし、駄目で元々という気持ちでメールしたことが最初です。こちらのメールにすぐ返事をしてくれた司法書士さんによると、おそらく借金を大幅に減らすことが可能とのこと。その後のメールのやり取りでも誠意が感じられたので、1度会ってみることになった次第です。私の借入状況を踏まえ具体的に話を詰めた結果、任意整理が一番現実的な解放だということになり、全てお任せすることになりました。その結果、1社を除いた4社との和解に至ることが出来、私の借金は半分に減りました。返済プランは4年間毎月3万円返済という内容です。

利息だけを支払続ける圧迫感から解放されて精神にゆとりが生まれ、再び仕事も捗るようになりました。

任意整理を選択したことで一番良かったのは、ローン支払い中のマンションを手放さずに済んだことです。財産を処分しなければならない他の債務整理方法を選択していたら、否応なく家族や職場にも多重債務がバレてしまいますし、私がしていた自転車操業も全て無意味になるところでした。また、任意整理においては利息支払いが免除されるので、毎月確実に借金が減っていくという手応えは大変気分が良いものです。おかげで性格も以前の明るさを取り戻せたと思いますし、妻との不和も解消されて家庭もずいぶん明るくなりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

楽天カードを任意整理すると審査はどうなる?

目次楽天カードの借入を任意整理するメリット3~5年で無理なく…

債務整理を依頼するなら司法書士・弁護士どっち?費用や手続きの違い

目次債務整理にかかる費用は弁護士よりも司法書士の方が安い司…

任意整理と起業の関係 借金の支払いを軽くするには

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると、法律上起業できな…

楽天カードの債務整理体験談

ママ友との付き合いの為、借金。

借入額300万円

スロット依存症になり借金を繰り返していました

借入額170万円

美容整形にはまって借金を増やしました

借入額180万円

単身赴任で転勤し、接待や付き合いのほか遊興費が増えたことで毎月の生活費が不足し、カードローンなどで借金をしました。

借入額約1200万円

夫に内緒で200万円の借金。任意整理でパートの収入だけで返済可能に

借入額200万円

FXに熱中。一攫千金を夢見ていつの間にか借金まみれに。

借入額330万円