見栄を張りすぎて自己破産することに

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
440万円
借入期間
7年1ヶ月
毎月の返済額
12万円

大学時代の友人と同じ会社に就職したものの交友関係に付き合って借金。

大学時代からの友人と偶々同じ会社に就職が出来たので、新人研修以降もよく遊ぶようになりました。実際には遊ぶだけでなく、啓発セミナーや夕食会に参加するなど生活面でもある程度交流がありました。しかし、生まれた家柄の違いから勤務先の給料だけでは、交友関係維持が難しい状態となったものの、お金が無いとは言えずに借金をするようになってしまったのです。後から分かったことですが、実家の会社で株主利益が入っていたので会社の給料には手を付けていなかったようです。見栄をいつまでも張れないことは分かっていましたが、それでも頑張ってしまったことで借金が増えてしまいました。

プロミスとモビットから各120万円、ライフカードとアプラスで各100万円の借金。月々12万円の返済。

最初はクレジットカードによる支払いを行っていましたが、リボ払いとしたことで利用可能枠がすぐに一杯になってしまいました。2年間で一気に借金が増えてしまったので、消費者金融からの借入も合わせて自転車操業状態に陥っていました。半年後に転勤があると内示が出たので、何とか金持ちの同僚とは付き合う機会が無くなったものの、支払いは次々にやってくる現実に打ちのめされました。特別豪遊したわけではなく、1つの1つの食事や買い物がそれなりの価格となってしまったことで、生活費が収入に見合っていなかったわけです。

自己破産により免責決定が出たので、今までの借金が全て無くなりました。

転勤先では家賃の支払いも加わったことで、家計は完全に自転車操業が続いていました。プロミスの滞納をしてしまったことで、カードが利用停止となり債務整理に踏み切らなければならない状態となったわけです。弁護士に相談して自己破産申し立てを行なうことにしました。毎月12万円の返済を続けて来たので、すぐに弁護士費用の支払いは完了して、申し立て手続きを行なうことになりました。面積決定が出るまで3ヶ月かかりましたが、弁護士から言われていた家計簿を付ける作業を継続していたことで、破産免責決定時には貯蓄が30万円出来ていました。

自己破産により生活再建が出来て、貯蓄が趣味になりました。

自己破産申し立て準備を行なう際に付け始めた家計簿は、今まで全く付けていなかったので新鮮に感じました。記録として残すことが出来ることと、表計算ソフトにデータ入力することで比較が自在に出来る点に関心を持ち、気付くと貯蓄が趣味となっていたのです。自己破産をキッカケとして節約に目覚めるとは思っていなかったので、免責決定を受けた後は暫く借金が出来ない生活となりますが、貯蓄が増えて行く様子から当面借金の必要がなさそうです。二度と同じ失敗をしないように、家計のバランスには気を付けて地道な生活をして行きたいと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理はいくらからできる?借金の返済額などの基準

目次任意整理をするための条件に、借金の額の大きさは関係がな…

モビットの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次モビットの借金を任意整理すれば、周囲に秘密で返済額を減…

ビューカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次ビューカードの特徴ビューカードの借金を債務整理するとき…

ライフカードの債務整理体験談

任意整理の分割回数は交渉に決まることに驚きました

借入額240万円

支払総額が減りました。

借入額120万円

時間差で過払い金返還請求はしても良い

借入額360万円

浪費が原因で多重債務になりました。

借入額190万円

軽い気持ちで借りたら借金地獄になりました

借入額150万円

勤めていた会社が倒産、借金生活に。

借入額220万円