マイホームで暮らせます。

2019.03.30 更新

会社員

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
6年10か月
毎月の返済額
8万円

気軽な気持ちで買物に使っていたのが膨らんでしまいました。

特に大きい買い物などをしたわけではありませんが、住宅ローンを組んでからは手元の現金が不足することが多かったです。ちょっとした買い物の時、飲みに出かけるときなど、手元に現金がなければキャッシングで補充していました。最初のうちはその都度返済をしていたのですが、途中からその都度入金するのが面倒になり、月末にまとめて返す癖がついていたところ、いつの間にか借金に利息が付いて大きく膨らみ、とても返せる額ではなくなっています。契約通りの返済ができなくなってからは借金がさらに雪だるまのように増えていき、このまま放置しておくわけにはいかなくなりました。

セディナ、CFJ、楽天カードから計200万円近い借金があり、毎月8万円返しています。

セディナ、CFJ、楽天カードから50万円ずつ借りていたのが、長年放置していたので利息が膨らんで200万円くらいになっていました。住宅ローンの支払いもあり、妻もフルタイムで働いて双方の親からも援助を受けていますが、親は退職して年金暮らしになっていますし、妻も疲労がたまってこれ以上の収入の増加は見込めません。さらに、子供の進学が控えているので今の状態を維持するのは難しく、思い切って債務整理をすることにしました。できるだけマイホームは守りたいと考えていましたが、まずは家族に良い方法を求めていました。

個人再生で大幅減額、負担が減りました。

住宅ローン以外の支払いは総額100万円まで圧縮され、毎月の返済額も8万円から2万円にまで減額されました。弁護士への報酬は月2万円ほどかかりますが、それでも今までの半分の支出で済むので安いものです。住宅ローンはまだ完済まで長いですが、キャッシング関係がだいぶ落ち着きましたので、これで急なリストラや家族の入院などがなければ何とかなりそうです。気になっていたマイホームについても、今までと同じローンを払うことでこのまま住み続けられるらしいので、家族全員でほっと一安心しています。

生活水準を高めることができ、気持ちにゆとりが出ました。

今までは返済で生活がカツカツでしたが、月に4万円の余裕が出たことでかなり負担が少なくなりました。子供にはおさがりばかり着せていたり、部活や習い事を我慢させてきましたが、少しだけならば願いをかなえてやれそうです。家にそのまま住むことができ、支払いも減ったことで家族の緊張が和らいで、以前よりも会話が弾んでいるのも私にとって予想外の喜びでした。手続きが難しくてリスクが良く理解できませんでしたが、実際にやってみると大きなリスクもなく、思い切って個人再生の手続きをしてよかったと思います。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理でブラックリスト入り…デビットカードは利用可能?

目次債務整理後でもデビットカードは発行・利用できるデビット…

任意整理後にクレジットカードの代わりになる4つの決済方法とは?

目次任意整理したら、クレジットカードはどうなる?任意整理後…

プロミスの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次将来利息をカット!大手消費者金融、プロミスの借金を任意…

楽天カードの債務整理体験談

結婚詐欺に遭っていると気付かずに貢ぎました

借入額150万円

任意整理をついに初体験しました

借入額140万円

病気治療のために借金を負いました

借入額180万円

借金の悩みが亡くなりました。

借入額120万円

オタクが自立して借金を抱えて債務整理

借入額90万円

夫が壊した会社の備品を弁償する為

借入額80万円