家族の借金を肩代わりすることは本来は避けたい

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
400万円
借入期間
4年9ヶ月
毎月の返済額
12万円

父親の借金を肩代わりすることになり借金。

父が突然蒸発して、残された母に対して連日取り立てが発生していました。本来ならば、本人以外には返済義務は無いはずですが、母が連帯保証人とされていたことが原因でした。そこで、仕方なく借金を肩代わりすることになり、消費者金融と銀行カードローンを利用してお金を用意し、債務の返済に充てさせることにしたわけです。最初に借りていた金額は500万円でしたが、徐々に減らしていったものの、残り200万円という段階で会社からリストラされてしまい、職が突然無くなってしまったのです。これにはもうどうしようもなくなり、露頭に迷うことになりました。

バンクイック、レイク、プロミス、アルコシステムから各100万円の借金。月々12万円の返済。

アルコシステムからの借入を滞納するようになると、督促電話が毎日3回掛かってくるようになりました。勤務先をリストラされていたので、新しい勤務先にまで連絡が入っており、どうにもならない状態になっていました。借りては返しの自転車操業を続けていたので、一旦は200万円にまで減らした借金が生活費を工面するために借りたため、最終的に400万円にまで増えていたのです。返済額も更にアップして、契約社員として働きながら、休日はアルバイトを行なう二重生活を続けている状態でした。体調を崩して10日間仕事を休んだことで返済に行き詰まってしまいました。

自己破産の申し立てを行い、借金を全額免除してもらうことが出来ました。

体調不良からガテン系の仕事を最早出来る状態ではなくなっていたので、弁護士に相談することにしました。状況を確認すると、既に返済可能な額を上回っていたので、自己破産を行なうことが必要と判断されたのです。元々は母のために借りた借金でしたが、一度は半分以下まで返済を行っていたので、以後借りたお金は生活費のために仕方なく借りたことになるので、免責決定を受けられると判断されたからです。陳述書の作成を並行して行いながら、弁護士費用を分割して支払うことになりました。毎月の返済額12万円が自己破産により一気に無くなったことで、生活が楽になったことは言うまでもありません。

自己破産申し立てをした後で、免責決定が得られるまでの間に未来の生活を思い描くことが出来ました。

自己破産申し立てを行って終わりではなく、免責決定を受けた上で新しい生活を立て直さなければなりません。今まで12万円の返済を続けてきたので、生活が楽になることは明らかでしたが、お金の使い道を考えなければ借金が出来ない生活となる点を意識しなければならないと弁護士から注意されました。生活再建が最終的な目的ですから、家計を精査して積み立て貯蓄が出来る状態に持って行くことが必要とされていました。単に自己破産申し立てを行なえば良いわけではなく、借金に頼らない生き方に切り替えることが大切だと教えられたと感じています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理や過払い金請求で官報に掲載される?

目次任意整理や過払い金請求したい!気になる官報って一体何?…

債務整理に関係のある色々な期間について理解しよう

目次「債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼した場合」に…

債務整理でブラックリストに載ることによる生活への影響と対処法

目次債務整理をするとブラックリストに載るそもそもブラックリ…

レイクの債務整理体験談

兼業農家だったので個人再生手続きが出来ました

借入額400万円

お金がもらえると思いませんでした。

借入額160万円

精神的に楽になりました

借入額290万

浪費が原因でも減額できました

借入額200万円

過払い金請求で借金生活から解放されました。

借入額220万円

離婚時に慰謝料は名目として使われます

借入額140万円