人間関係が濃い会社には注意すべきでした

2019.03.13 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
360万円
借入期間
7年1ヶ月
毎月の返済額
12万円

大卒で入社した会社で上司と反りが合わずに退職、フリーターでは借金が増えるばかりでした。

大学在学中の就職活動に失敗して就職浪人をしたく無かったので中小企業に就職しました。しかし、直属の上司と反りが全く合わずに昇進見込みも昇給見込みも無くなり、転勤すら無い状態で鬱になりました。精神科に通院した結果として、職場環境を変える必要があったものの、会社からは病気退職ではなく自己都合退職扱いとされてしまったことで、次の就職先が見つかりませんでした。仕方なくアルバイトで生計を立てつつ就職先を目指していましたが、濃い人間関係は懲り懲りだったので、ワンマン経営の会社を避けると就職先が見当たりませんでした。

アコム、レイク、ライフカード、ニコスから各90万円の借金。月々12万円の返済。

アルバイトでは生活資金が恒常的に不足することは明らかでした。今まで25万円程度あった収入が一気に15万円に低下したことで、不足した生活費を借入で賄う以外に手立てが無かったのです。就職活動をしながらの状態でしたが、中途採用を行っている会社は個性的な所ばかりでとても人間関係で挫折した身には務まりそうもありません。仕方なく、派遣社員として働くことにしました。最初はライン作業員から始めたものの残業を多く行わない限りは、以前の収入にまで上がることはなく、ジリ貧状態はアルバイトの時に比べればマシになったものの変わりませんでした。

自己破産を行って全ての債務から開放されました。

給料から借金の返済を行なうと、手元にはほとんど残らない状態が続いていましたが、ついにカードが利用停止となったので、債務整理を決意しました。弁護士に相談すると自己破産以外に手立てが無いと判明したので、すぐに依頼してまずは弁護士費用の分割払いから始めました。半年で分割払いが完了し、その間で仕上げた陳述書と家計状況調査票を基にして自己破産申し立てを行いました。免責決定が出るまでの3ヶ月の間は、祈るような思いでしたが、無事に免責決定が下りて安心しました。実際に免責決定通知を受け取った時には、借金から開放されて涙が出ました。

自己破産の目的が生活再建という話を何度も弁護士からされており、新生活をスタート出来て良かったです。

アルバイトの状態では、自己破産の免責決定が下りても生活苦は変わらなかったと予想されました。弁護士から派遣会社勤務でも、契約社員に昇格出来る会社に派遣してもらえば、派遣元にもメリットがあるというアドバイスを受けたことが良かったです。先を見通した動きをすることで、その場しのぎにならずに済むことが良く分かりました。自己破産準備期間中の過ごし方で、破産免責決定後に借金せずに生活が出来るか決まることは確かです。家計のバランスが崩れることを想定した上で、日頃の積み立て貯蓄がいかに大切か実感できました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の手続きで大きな効果を発揮する受任通知!そのメリットと…

目次受任通知とは?受任通知のメリット「受任通知」と「委任状…

債務整理は生命保険に影響しない?変わらず契約するために必要なこと

目次債務整理をすると生命保険は強制的に解約になる?生命保険…

任意整理や過払い金請求で官報に掲載される?

目次任意整理や過払い金請求したい!気になる官報って一体何?…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

スロットに行きたくて借金をしていました

借入額220万円

不安だったので専門家に依頼しました。

借入額90万円

友人の借金返済を手伝っていたら、自分も多重債務者になりました

借入額150万円

電話の着信音の恐怖が無くなりました

借入額300万円

頼まれると断れない性格が災いする

借入額320万円

貸金業法の改正でとんでもないことになりました

借入額340万円