個人再生手続きで借入額を減額しました

2019.03.25 更新

自営業

借入先業者名
借入額
500万円
借入期間
2年6か月
毎月の返済額
約20万円

会社での銀行からの借り入れに行き詰まり、消費者金融での個人での借り入れを始めました。

会社を立ち上げて5年目の時に、取引先からの急な取引中止にあい資金繰りに困っていた際に、銀行からの融資が困難になった為に一時的にと思い個人での消費者金融からの借り入れを始めました。当時年収が500万あったので簡単に3社から借り入れができ、気が緩んだのか仕事もそこそこの状況が続き、また資金が尽きてきたころに別のカード会社から借り入れをしてしまい、借り入れと返済の繰り返し、自転車操業のような状況になりました。最後にはどこにも審査が通らないまでになってしまいうという絵に描いたような状況になってしまいました。

銀行系カードローン3社各100万、カードの借入各社50万4社。計500万円。月々20万円の返済

毎月の返済と生活費のやりくりで、仕事をして得たお金もすべて返済最優先となり、生活費に回すお金がだんだん少なくなってしまいました。家族には借り入れを内緒にしていたので当然妻からは生活費が少ないと文句を言われてしまい、家庭にいると居心地が悪くなり仕事のフリをして手元にあるなけなしのお金を持って遊びに出かけるといった悪循環となりました。このような状況だったので寝ても覚めても返済の事を考えて、それを考えたく無いから遊びで発散するといった生活が続き、仕事が順調だったころには考えつかない、ドラマや漫画のような生活でした。

弁護士の先生に相談し、個人再生が可能であると判断して頂き数年ぶりに安心した気持ちになりました。

借入がどこからもできない状況になりもう闇金か自己破産しかないと思った時に、思い切って妻に告白しそのまま弁護士の先生に相談したところ、個人再生が可能だと判断をしていただき手続きを開始しました。経営していた会社を一時閉鎖しサラリーマンをしながら手続きを進め、手続き開始から約1年で裁判所の決定があり、借入金が5分の1の210万円まで減額できました。親類からの支援で150万円を最初の期日に一括で返済し、残りの60万円を3か月に一度5万円を年4回に分けて、3年間返済するまでに減額されました。

返済に追われる事が無くなり、仕事も家庭も穏やかな気持ちで向き合えるようになりました。

債務整理の手続きを全て弁護士の先生にお任せできたので、手続きの間も裁判所の決定の後も安心して仕事にも家庭にも向き合えるようになりました。自己破産と違い住宅もそのまま残す事ができ、借り入れをする前とあまり変わらない生活環境が保てているのがとてもうれしいです。手続きを始める際に、弁護士の先生から自分の仕事や生活環境をヒアリングして頂き、自分のすべてをお話しした事で自分の事を見直すことができました。今は仕事も計画を立て進め安定した収入を得れるようになり、もう闇金しかないとあきらめかけていた時に債務整理を思い切って行ってほんとうによかったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理のデメリットはブラックリスト!影響を少なくするには?

目次任意整理のデメリットは1つ!ブラックリストに載ることブ…

任意整理後に借金が払えないとどうなる?滞納した時の対処法

目次借金を滞納(延滞)すると和解内容は無効になる和解内容が…

住宅ローンが苦しくて債務整理するけど持ち家は残したい!

目次住宅ローンの支払い延滞は、ブラックリストに載る!債務整…

楽天カードの債務整理体験談

夫にばれずに任意整理で借金完済

借入額120万円

生活費の補てんで借金をしました

借入額200万円

【自己破産】5年間で1000万円の借金、会社に内緒のまま借金ゼロに!

借入額1,000万円

病気になって生活補てんのために借金をしました

借入額180万円

生活費が足らなかったので借金をしました。

借入額230万円

ペットを引き取りお金がかかり借金をつくりました

借入額120万円