憧れでデイトレードをすると破滅します

2019.02.06 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
400万円
借入期間
6年2ヶ月
毎月の返済額
13万円

デイトレードに挑戦して玉砕して借金。

契約社員として勤務を続けていましたが、正社員登用までは程遠く一生契約社員で終わるのではないかと不安でした。主婦や定年退職後にデイトレードを行なう人が増えているとこを知ると、自分も副業としてデイトレードで一儲けしたいと考えるようになったのです。情報商材を購入して、FX入門から順次ステップアップすることなく、自動売買ツールを駆使して利益を出していました。手軽に利益が出るという手応えを感じたので、レバレッジを増やしてゆくハイリスクハイリターン狙いに移行して行ったことを今でも覚えています。

アイフル、レイク、モビット、アルコシステムから各100万円の借金。月々13万円の返済。

契約社員としての給料が月に25万円ありました。デイトレードで負けが込んだ状態となった時に、追証を求められることが多くなりました。追証の入金には時間制限があるので、消費者金融のカードで借りては入金の繰り返しを行って、気が付いた時にはクレジットカードも消費者金融カードも利用限度額一杯まで使い込んでいたわけです。毎月の返済額が一気に上がり、返済不能に陥るまでにそれほど時間は掛かりませんでした。デイトレードで安定して利益が出せるのは、安定した相場の時だけと理解しておく必要があったのです。

自己破産申立てにより、免責決定通知を受けられたので借金が全部無くなりました。

借金返済が破綻したことが分かった段階で、すぐに弁護士事務所に相談に行きました。デイトレードに詳しくなかったようで、仕組みを説明していると手数料の高さを一発で指摘されました。デイトレードは、取引を仲介する会社が儲かる仕組みだとその時点で初めて気がついたのです。自己破産手続きを依頼して、陳述書作成を行なうと何度も手直しが入りました。自己破産の申し立てを行なう際には、免責不許可事由に該当しないように陳述書を作成する必要があるからです。何とか自己破産申立てが完了し、破産免責決定を受けられたので、借金が無い生活に戻れました。

自己破産処理により、免責決定通知を受けられたので、借金生活から開放されました。

自己破産申立てを行なう前と後では、考え方に違いが出ました。デイトレードの手数料がいかに高いかを弁護士はすぐに見抜いたので、宣伝に騙されない冷静な判断力を付ける必要があると、初めて知りました。レバレッジを上げると、売買金額が一気に増えてしまうので、資金が潤沢に利用可能な場合を除いて、戦略的にすぐに撤退する必要性がありました。陳述書作成と同時に記入していた家計簿は、表計算ソフトを使用することで毎月記録して行けば、家計の平均収支を把握して安定させることが出来ると知ったのです。自己破産を経験していなければ、家計収支の見直しを行っていなかったでしょう。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理を円満に進めるための弁護士や司法書士の選び方

目次債務整理の1つ。任意整理の特徴は?借金の取り立てが止まる…

住宅ローンが苦しくて債務整理するけど持ち家は残したい!

目次住宅ローンの支払い延滞は、ブラックリストに載る!債務整…

保証人になると債務整理をされたときに何か問題ある?

目次借金を債務整理した場合、保証人への影響はあるのか保証人…

レイクの債務整理体験談

債務整理をして早期に借金問題が解決しました。

借入額195万円

過払い金請求で借金問題を解決

借入額170万円

浪費が原因で多重債務になりました。

借入額190万円

専門知識がなくても大丈夫

借入額150万円

浪費が原因でも減額できました

借入額200万円

恋人と同棲をはじめ、生活苦になりクレジットカードや消費者金融から約150万円借り入れを行いました。

借入額150万円