借金の額が半分くらいに減りました。

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
190万円
借入期間
6年1ヶ月
毎月の返済額
7万円

勤めていた会社の経営不振が原因で生活費の工面のため借金をし始めました。

私は普通のサラリーマンで当時、20代で月収27万円ほどのお給料をもらっていました。ところが、勤めている会社が経営不振で、月収やボーナス、残業代も大幅に減りました。そして、生活費をまかなうために、消費者金融に借金をするようになりました。緊張しながら業者に借り入れにいったのですが、30分もしない間にあっさりと借りれたのでビックリしたのを覚えています。始めは3万円だけ借りていたのが、ちょこちょこ借り入れをしてしまい、満額の50万円まで数ヶ月でくらいで到達してしまいました。返済も厳しくなり、また次の業者へ借金をしにいきました。

アイフル、アコム、アプラスから合計190万円ほどの借金。

とうとう借金が190万円までに膨れあがり、返済が困難になってきました。当然のことなのですが、生活も苦しくなり、光熱費や家賃を払うのも厳しくなり、切羽詰った状態になりました。ちゃんとした返済額が払えず、利息だけを返済するようになると、元金が減らなくなりました。単発のアルバイトをしたり働き詰めの毎日で、支払いのために生きてるようなもんで辛くて仕方ありませんでした。そんな中、たまたま市民センターで無料の法律相談会があり、相談することにしました。専門家に相談をするだけでお金がかかるところも多いので良心的だなと思いました。

特定調停をして借金が減りました。

専門家の方に相談すると、私の場合は一定の収入があるので、自己破産や個人再生はではなくて、任意整理と特定調停があてはまると言われました。そして、任意整理と特定調停のことを、詳しく教えてくださいました。任意整理をすすめられたのですが、費用を抑えられる特定調停をすることにしました。専門家の方は無料の相談なのに、アドバイスもしてくれて、特定調停の流れを説明してくれました。そして、自分で簡易裁判所に特定調停を申し込み、調停に望みました。2回の出廷で解決ができ、3社ともに法定外金利での利息払いをしていたので、引き直し計算をして元金が減り、190万円あった借金が90万円になりました。そして、残りの借金が3年で完済しました。

借金が減って、債務整理をして良かったです。

債務整理の相談にいった時に、専門家の方が法定外金利での取引なので、元金が減額される可能性があると教えてくれたんです。今まで、グレーゾーン金利というのも知りませんでした。相談しにいかないとわからなかったことが多く、今まで苦しんでいた借金が一気に減ったので喜びました。今では無料の相談をメールで行っている法律事務所も多いので、借金問題に困ったら相談してみることをおすすめします。20%以上の金利で支払ったことがある、または現在支払っているという方は、すぐに相談をすると早期解決に繋がります。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

2回目の債務整理(任意整理)は可能!1回目と異なる注意点

目次2回目の債務整理は可能。しかしデメリットを受ける可能性も…

債務整理する際に借金をした理由は関係がある?

目次債務整理には代表的な方法として「任意整理」「個人再生」…

債務整理の相談費用は?任意整理の必要書類や持ち物について

目次債務整理の相談費用は無料|弁護士・司法書士事務所紹介 任…

アプラスの債務整理体験談

海外赴任を拒否したら仕事が無くなりました

借入額400万円

私が体験した債務整理の真実

借入額200万円

両親を助けるために借金をしました

借入額300万円

借金問題には、一度専門家の先生に相談するのが良いです。

借入額324万円

競馬で負けて、借金をすることになりました。

借入額210万円

競馬をして借金をするようになりました。

借入額150万円