派遣切りに遭い、生活費のために借金をしたのが始まりです。

2019.02.06 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
3年2ヶ月
毎月の返済額
5万円

派遣切りに遭ってしまい、生活費を捻出しなくてはいけなくなったため。

数年ほど前まで、私は派遣社員として働いていました。しかし不景気の煽りを受け、派遣切りに遭ってしまったのです。私は1人暮らしをしていたためすぐに仕事先を見つけなくてはいけなかったのですが、タイミングが悪く見つけることが出来ませんでした。そうこうしている内に、家賃や光熱費などの支払い期限が迫ってきました。したがって、私は苦肉の策で消費者金融に駆け込んだのです。そして、当面の生活費を借りることにしました。まさか、自分が消費者金融のお世話になるなどとは思ってもみなかったです。

アコム、モビットからそれぞれ200万円の借金。月々5万円の返済。

とにもかくにも、仕事先を見つけることが最優先でした。生活費がないと生きていけないので、計画的にお金を借りようなどとは初めから考えていなかったのです。毎月消費者金融から明細書が届くたびに、不安に押しつぶされそうでした。お金を借りなくては生活が出来ません。しかし、借りれば借りるほど返済が苦しくなってしまうことも分かっているのです。私は毎日のようにジレンマに苛まれました。仕事がなかなか見つからないことからくる焦燥感や、この先どうなってしまうのかという不安から、どんどん心が蝕まれていくのです。

借金の返済額が少なくなったことで、将来への不安が和らぎました。

仕事がようやく見つかってからも、手放しで喜ぶことは出来ませんでした。なぜなら、借金の返済が待っているからです。ようやく見つかった仕事は、時給の安いバイトです。いくつかバイトの掛け持ちをしても、派遣社員のころに比べると給料は安いです。節約などをして生活水準を下げても、借金の返済に充てるお金を捻出することは出来ませんでした。途方に暮れていたとき、債務整理というものを知りました。債務整理をすることで、月々の借金の返済額を減らすことが出来ると知り、私は利用することにしたのです。

生活に少しだけ余裕が出ました。

任意整理をしたことで月々の借金返済額を半分近くに減らすことが出来、無理なく返済をすることが可能になりました。なおかつ、生活に余裕を持つことが出来るようになったのです。初めは借金を返済していけるか不安だったのですが、債務整理をしたことにより、その不安を払拭することが出来ました。債務整理というものを知れてよかったです。もし債務整理の存在を知らないまま、借金の返済に追われる生活を送っていたらと思うと怖いです。債務整理に対して罪悪感を抱く人もいるかもしれませんが、返済で苦しんでいるのなら利用すべきです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理後でも教育ローンや奨学金の利用の審査は通る?

目次任意整理で信用情報機関に登録されると、国や民間の教育ロ…

債務整理はバレない?家族や会社に内緒で借金返済する方法

目次債務整理の中には家族や会社にバレやすい手続きもある自己…

保証人になると債務整理をされたときに何か問題ある?

目次借金を債務整理した場合、保証人への影響はあるのか保証人…

モビットの債務整理体験談

最高の結末になった過払い金返還

借入額300万円

飲み屋の女に入れ込んでしまった結果通うために借金をしました。

借入額総額250万円

会社を退職して収入がゼロになり借金をしました

借入額180万円

モビットからの内緒の借金を返せました

借入額60万円

持ち物も借金も消えました。

借入額40万円

簡単な手続きで借金が大幅に減る過払い金請求

借入額110万円