保証人になってはいけないと遺言に残したい

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
7社から約1000万円
借入期間
長い会社で5年,短い会社で2年
毎月の返済額
20万円

大学時代の恩人がベンチャー企業を立ち上げるために、資金を集めていたものの住宅ローンを抱えていたので、資金を出せずに代わりに保証人となりました。今の会社へ就職する際に身元保証人となってもらった経緯があったので、300万円の借金保証人を引き受けることにしました。結果として事業に失敗して消息不明となり、連帯保証を求められてしまったので仕方なく銀行と消費者金融から借り入れて返済していました。保障額は300万円でしたが利子と遅延損害金で350万円に膨れていたので返済が大変でした。

みずほ銀行、プロミス、ライフから各100万円の借金。月々7万円の返済。

返しても返しても借金は減ることはなく、このままではいけないという気持ちでしたが、そのときの自分には他の方法を考える余裕がありませんでした。収入分だけでは返済できなくなってくると、A社の返済のためにB社で借りるというような自転車操業を続け、そのうち返済できなくなるのは時間の問題でした。それでも、返済不能になる直前には、妻に内証で子供の学資保険を解約して返済するなど無理を繰り返し、一人でもがき苦しんでいました。次第に返済も遅れがちになり、借入先から携帯電話に督促が入るようになっていき、心は休まるときはなく、仕事も手に付かないような状況に陥っていきました。特に債務整理前の3ヶ月間は、本当に辛く、今思い出すのも嫌な気持ちになります。

債務整理により1000万円の借金を300万円に減額。もっと早く債務整理の相談にくるべきと感じました。

最初は当事者間で任意整理と思っていましたが、弁護士に相談した結果、額が大きかったため、個人再生という手法をとることになりました。この個人再生の方法をとることで、住宅ローン返済中の自宅を手放すことなく、減額された借金を返済することになりました。ただ、手続きには時間も手間を要し、裁判所にも1度出向いたりもしました。また、当分の間、クレジットカードを所有できないため、現代のようなカード社会においては困る場面が出てくることも想定されます。しかし、個人再生を行った結果、1000万円の借金が300万円に減額され、毎月20万円の返済額が毎月5万円(5年間)の返済となりました。

借金に悩まされることなく、安心して毎日を過ごせるようになりました。

債務整理をすることで、最初のメリットは、弁護士が手続きに着手すると直ぐに、借入先からの督促がストップすることです。そして、時間と手間をかけ、裁判所で個人再生の開始決定が出された暁には、債務者の皆様には申し訳ないですが、借金額も減り毎月の返済も減り、生活に余裕がでてきます。さらに、私の場合、住宅ローン返済中の自宅を手放さずに済んだということは、大きかったと思います。自己破産だと自宅は手放さざるをえません。また、個人再生の手続は、一定期間、家計簿をつけなければならないため、その面で、家族の協力が必要でしたが、家計を見直すきっかけにもなったと思います。ただ、家族に迷惑をかけ、心配させてしまったことは非常に心が痛む思いです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

オリコの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次オリコなどのクレジットカードも任意整理できるクレジット…

債務整理はバレない?家族や会社に内緒で借金返済する方法

目次債務整理の中には家族や会社にバレやすい手続きもある自己…

プロミスの借入を債務整理すると、信用情報に傷がつく

目次プロミスの過払い金請求は可能なのか債務整理をしたことが…

楽天銀行の債務整理体験談

毎日の不安感がなくなりました

借入額150万円

個人再生で1000万円の借金が300万円に減額

借入額7社から約1000万円

生活に困って消費者金融から借金をしてしまいました

借入額100万円

弁護士に相談してよかったです

借入額220万円