パチンコに給料を使い込み、その穴埋めのために借金をしたのが全てもの始まりでした。

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
400万円
借入期間
5年2ヶ月
毎月の返済額
6万5千円

ギャンブルに給料を使いこんでしまったことがきっかけです。

僕は結婚をする前から、パチンコが好きでした。しかし、奥さんはギャンブルが嫌いな人だったため、結婚を機にパチンコから離れていたのです。初めは我慢していたのですが、小遣いが少なくなってきたときなどに、奥さんに内緒で遊んでいました。1度遊んでしまうと徐々に抑制が利かなくなり、遊ぶ回数や金額が増えていったのです。そのような中、奥さんの妊娠が発覚しました。そして、勤めていたパートを辞めることにしたのです。収入源が減り、僕の小遣いも減額されました。仕方がないことなのですが、小遣いを減額されたことで、ますますパチンコに行くようになっていきました。小遣いだけでは飽き足らず、とうとう給料にまで手を出してしまったのです。

プロミス、モビット、アコム、アイフルから各100万円の借金。

給料からいくらか抜き取ってパチンコに使い込んでしまった私は、消費者金融からお金を借りて穴埋めをしました。当時の僕は、借金の返済分のお金はパチンコで勝って埋め合わせをしたら問題ないと、甘い考えを起こしていたのです。しかし、現実はそう甘くはありません。勝つときは数万から数十万円も勝つことが出来ます。ですが、欲を出しすぎてしまうと勝った額以上に負けるのです。穴埋めをするどころの話ではありません。借金の返済をしなくてはいけないけれど、パチンコはやめられないという考えが頭を支配していました。

現実と向き合うことが出来ました。

借金をしていたことが奥さんにばれてしまい、離婚するハメになりました。そこで初めて、僕は父親になるという自覚が欠けていたのだと痛感しました。慰謝料を払って無一文になった僕は、借金の返済をしていく自信を失いました。大切な家族を失い、借金だけが手元に残っているという現実は、あまりにも辛かったです。離婚や借金は自業自得であり、後悔しても過去には戻れないのですが、そのようなことを考える余裕もなかったのです。しばらく放心状態が続いた後、僕は自己破産をしようと思いました。自己破産をすることに多少抵抗はありましたが、決意を固めたのです。

借金を抱えているという不安から解放されました。

自己破産をしたことで、人生をリセットとまではいかないものの、第2の人生をスタートするきっかけをくれたように思います。借金を抱えているというだけで、不安や焦り、罪悪感などの気持ちが芽生えてしまいがちです。僕の場合は自分自身に非があったのですが、それでも借金を帳消しに出来たことで、精神的な負担が軽くなったためよかったです。同じことを2度と繰り返してしまわぬように、気持ちを引き締めていかなくてはいけないなと考えています。債務整理をしたことが無駄になってはいけませんからね。僕にとっては、今後の人生における教訓です。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理後にクレジットカードの代わりになる4つの決済方法とは?

目次任意整理したら、クレジットカードはどうなる?任意整理後…

株やFXで巨額の借金ができたが債務整理は可能なのか?

目次株やFX取引が原因による借金も債務整理が可能なのか?自己…

債務整理に関係のある色々な期間について理解しよう

目次「債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼した場合」に…

モビットの債務整理体験談

事業の失敗をリセットしました。

借入額約2000万円

借金で身動きが取れなくなったら過払い金請求

借入額150万円

過払い金請求は借金で苦しんでいる人の強い味方

借入額150万円

就活に失敗して荒んだ生活を送るようになり、挙句の果て借金に手を染めました。

借入額200万円

仕事中の怪我で働けない時期があり生活費のために借金を開始しました

借入額90万円

ギャンブルにドハマりし借金を抱え、最後は任意整理をした私の体験談

借入額260万円