投資に失敗して生活費が不足する事態に

2019.03.13 更新

会社員

借入先業者名
借入額
340万円
借入期間
5年3ヶ月
毎月の返済額
12万円

勤務先の会社に先行き不安を感じて投資したものの失敗して借金。

勤務先が大手の下請けとして仕事を受注していましたが、元請けからの仕事量が減少傾向にあったので新卒採用が隔年となるほど業績が悪化していました。先行きに不安を感じて、株式投資と投資信託を行っていましたが、投資資金が少ないために大した利益を生みませんでした。そこで勧められたのが商品先物取引です。担当者のアドバイスに従って取引をしていましたが、世界中の異常気象や政情不安により相場が乱高下して一気に損失が拡大してしまいました。商品先物取引では、投資金額の3倍取引が出来るので追証を求められる事態となってしまったのです。

プロミスとレイクから各90万円、バンクイックとライフカードから各80万円の借金。月々12万円の返済。

商品先物取引に手を出した結果として、手持ち資金の3倍取引をしてしまったので、損失額も3倍になりました。取引を継続するためには追証が求められたので借金して納めたもののプラスマイナスゼロの取引額まで戻すのがやっとでした。追証として支払った金額が借金として残りましたが、そのまま損失を確定させた場合よりは金額が少なく済みました。会社の給料から返済を行なうと、残ったお金では生活費が不足する状態に陥っていたので、借りては返すを繰り返すことで借金額が増えてしまい、更に生活が苦しくなる状態に陥りました。

自己破産により借金返済が全額免除されたので、給料をそのまま使って生活出来るようになりました。

借りては返すを繰り返しても、借金総額が増えるだけで意味がないことはよく分かっていました。それでも続けなければならないほど状況が悪化していたので、法テラスに電話をして無料法律相談を受けることにしました。担当してもらえた弁護士に全てを話すと、返済を続けようと努力していた形跡が見られるので、自己破産をして生活を立て直すと良いと言われました。自己破産申請を依頼して、債務が全額免除されたので何とか自力で生活が出来るようになって助かりました。もっと早く相談していれば、苦しまなくて済んだと後悔しています。

仕事を失わずに済んだので、破産免責決定後にすぐに元の生活が取り戻せました。

自己破産の申し立てをすると、債権者の方達に多大な迷惑を掛けてしまうことになることは、弁護士からもキツく言われていました。債務整理の方法として、自己破産を選択したことで借金は無くなっても、今度は借金が当面出来ないという信用が全く無い状態で生活することを余儀なくされます。弁護士に依頼した瞬間から、破産免責決定を受ける迄にいかにして自分で稼いだ給料のみで生活を成り立たせるかを考えなければならないと自覚することから始める必要がありました。更に、緊急時にもお金を借りることは出来なくなるので、家計から毎月緊急時用の積み立て貯蓄をして行かなければ、長い人生何があるか分からないことも知りました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

オリコの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次オリコなどのクレジットカードも任意整理できるクレジット…

法テラスなら安く債務整理できる?利用方法や注意点を解説

目次法テラスとは?法テラスの「民事法律扶助」とは?民事法律…

債務整理する際に借金をした理由は関係がある?

目次債務整理には代表的な方法として「任意整理」「個人再生」…

レイクの債務整理体験談

膨れ上がった借金に困っているなら相談しよう

借入額230万円

軽い気持ちのキャッシングで、最終的には任意整理をすることに!

借入額300万円

新しいパソコンが欲しくて借金しました。

借入額80万円

生活費のため、やむなく借金することになりました。

借入額80万円

過払いで引っ越しができました。

借入額250万円

マイホームに住み続けられます。

借入額200万円