若い頃にハマったギャンブルで毎月ギリギリの生活だった生活でしたが、任意整理で楽になった

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
150万円
借入期間
3年4ヶ月
毎月の返済額
6万円

ギャンブルにハマって足りない分を借金。いつの間にか自転車操業を繰り返す状況に。

十代の後半に、友達に誘われてすっかりハマってしまったパチンコで足りない分を借金したのが始まりでした。何年間もそんなことを続けた結果、気づいたら借金は130万円にまで膨れ上がっていました。その借金を返す為、働き始めてからも私はギャンブルでどうにかしようとしていました。23万の給料では、元本を減らすような返済には不十分だったからです。しかしそんなこと上手くいく筈がありません。ギャンブルで負けて生活費が足りなくなると更に借金を重ね、またギャンブルをするの繰り返し。最終的に私の抱えた借金は150万円となっていました。

プロミス、アイフル、レイクから各40万・セゾンカードから30万の借金。月に6万の返済。

毎月毎月借りて返済して、またすぐ借りるの繰り返しでした。完全な自転車操業の日々で、精神的にとても苦しかったです。取り立てが怖くて毎月必死になってお金をかき集めて返済しながら、胸の中は一生こんな生活を続けるのだろうかという不安で一杯でした。借金がもたらす精神的苦痛から健康食品の営業もなかなか上手くいかなくなり、上司からは責められる日々。誰かに相談したくても借金で悩んでいるだなんて恥ずかしくて誰にも言えなかったため、どんどん自分一人で抱え込み、もう死ぬしかないのではとまで考えるようになっていました。

明確な返済計画が立ち、安堵することが出来ました。

借金生活はとても辛かったので早く解放されたい一心から自己破産をしたいと私は考えていましたが、デメリットなどを相談した弁護士に教えてもらいよく話し合った結果、任意整理をして毎月の返済額を半分にしてもらう事に成功しました。おかげで生活面でも無理にギリギリの節約をしなくても良くなりましたから、心に余裕を持てるようになりました。また、借金の合計金額も150万円から90万円に減り借金完済の見通しも立ったことで、借金の返済をこれからも頑張っていこうという気持ちになることが出来ました。

借金の悩みから解放され、死にたいという気持ちが無くなりました。

この経験のおかげで、私はギャンブルを止めることが出来ました。長年私はパチンコなどの賭け事から抜け出せずにいたので、とても良かったと思っています。それと、借金は恥ずかしいものであるという考えから誰にも相談せずにいたことが問題を深刻化させたと分かりましたから、悩んだ時には変なプライドは捨てて誰かにすぐに相談したり悩みを打ち明けるべきだと学ぶことが出来ました。無駄遣いを一切しなくなったという点も良かった点です。任意整理の話し合いの際、弁護士から「自分の経済状況を把握する能力を身に付けてください」とはっきり言ってもらったおかげだと感じています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理は生命保険に影響しない?変わらず契約するために必要なこと

目次債務整理をすると生命保険は強制的に解約になる?生命保険…

債務整理する際に借金をした理由は関係がある?

目次債務整理には代表的な方法として「任意整理」「個人再生」…

任意整理や過払い金請求で官報に掲載される?

目次任意整理や過払い金請求したい!気になる官報って一体何?…

レイクの債務整理体験談

洋服やアクセサリーを買うために借金したのがキッカケです。

借入額150万円

個人輸入の開業資金として消費者金融とクレジット会社から100万借りたのがきっかけでした

借入額320万円

お金が戻るとは思いませんでした。

借入額200万円

仕事用のドレス購入で借りました。

借入額150万円

借金返済なら絶対に債務整理をするべき

借入額140万円

自分の実力と勘違いしていた時期でした

借入額200万円