問題のある借金ですが減額できました。

2019.02.06 更新

20代会社員

月収
借入先業者名
借入額
120万円
借入期間
2年1か月
毎月の返済額
6万円

競馬やパチンコで借金をしました。

20代の頃に友人に誘われて競馬やパチンコを覚え、時々儲かるのが嬉しくて、頻繁に通うようになりました。今になって思えば、トータルでの収支はかなりの額でマイナスだったはずですが、当時は時々利益が出るのだから、別に損をしているわけではないという感覚でした。最初は少ない額で我慢していたものの、徐々にハイリスクハイリターンを目指すようになり、給料だけでなくサラ金からも借金をしてギャンブルに明け暮れるようになりました。結局、サラ金の借金もこれ以上借りられないくらいに膨らんでいます。

モビット、アコム、楽天カードから120万円の借金で、月6万円払っています。

モビットに20万円、アコムから50万円の借金があり、楽天カードで50万円のショッピングが残っています。今では家族や友人からも見放され、誰もお金を貸してくれなくなりましたので、ギャンブルはできません。さすがに犯罪を犯してまでやりたいとは思えませんが、ストレスが溜まって仕事にも身が入らない状態です。料理長からは近頃の仕事の怠慢さを指摘され、問題を解決して仕事に集中しない限り、解雇するとも言われてしまいました。このままでは生きていけないと思い、弁護士のところに相談に行った状況です。

減額は無理でしたが負担は減っています。

金額が中途半端なので個人再生はお勧めできず、自己破産は借り入れ理由がギャンブルなので無理だと言われました。任意整理で交渉をしてもらった結果、各社5000円ずつ、合計1万5000円の支払いで、今後は利息もつけないという内容で和解が成立し、今は以前よりも少ない金額で振り込みを続けています。弁護士への報酬も分割払いですが、それを払っても前よりかなり余裕が出ていますので、手続きをしてよかったです。借入期間が短いので全く減額にはなっていませんが、利息がないのでいつまで払えばよいのかがわかり、モチベーションが上がりました。

ギャンブル依存症も治したいです。

今回相談に行って、ギャンブル依存症の疑いがあると言われました。今まで、自分のギャンブル好きが病気だとは思いませんでしたが、弁護士のところに来る債務者には割と多いそうです。カウンセリングを勧められて通うようになってからは、憑き物が落ちたようにギャンブルへの興味が薄れてきました。おかげで家族や友人ともまた会話ができるようになり、仕事にも集中力が戻っています。借金のことだけでなく、本当の意味で生活を立て直すきっかけを与えてくれた、弁護士と債務整理の手続きに感謝しています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理後でも教育ローンや奨学金の利用の審査は通る?

目次任意整理で信用情報機関に登録されると、国や民間の教育ロ…

債務整理を依頼するなら司法書士・弁護士どっち?費用や手続きの違い

目次債務整理にかかる費用は弁護士よりも司法書士の方が安い司…

任意整理や過払い金請求で官報に掲載される?

目次任意整理や過払い金請求したい!気になる官報って一体何?…

楽天カードの債務整理体験談

母親の介護で背活費に不足が出て借金をして補てんしていました

借入額130万円

250万の借金を背負った私が任務整理を選択するに至った話

借入額250万円

連帯保証人となって借金を背負い込みました

借入額180万円

いざという時の為に作っていたカードで借金をしました

借入額180万円

彼氏にキャッシュカードの暗証番号を教えてしまい、借金を作られた

借入額80万円

ゲームに嵌まって課金で借金を作りました。

借入額110万円