ギャンブルにはまって総額200万円の借金!返済までの道のりとは?

2019.02.06 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
5年2ヶ月
毎月の返済額
5万円?10万円

パチンコ、競馬にはまってしまい借金。

収入があまりない状態で、ギャンブルにはまってしまいました。最初は、自分が稼いだ範囲内で行っていましたが、当時はフリーターということもあって、収入がそれほどある訳でもありませんでした。お金がなくなってもギャンブルをしたいと思い、結果借金をすることになってしまいました。当時の収入で言えば多くても7万円で、給料日にすべてギャンブルでなくなることもありました。実家暮らしということもあり、幸い生活はできていましたが、勝ち負けに関わらずギャンブルをしたいという考えにシフトチェンジしていたので、借金は増えていく一方でしたね。

アコム、プロミスから各100万円の借金。

最初は借金をするつもりはありませんでしたが、ギャンブルにはまってからは金銭感覚が麻痺していたということもあって、大変でした。もちろん返済できるお金もありませんし、アコムとプロミスから返済の電話が何度もかかってきており、返済できないことを伝えると、債権回収の会社に電話が代わり最終的には、裁判沙汰になってしまうということもありました。ことの重要さに気づくのが遅く、生活も悪い意味で一変してしまいました。そこから、常に借金返済のことだけを考えるようになり、前向きになることが難しかったです。

過払い金請求で少し負担が減った!結果借金が半分に!

最近借金をしている人が増えていることに伴い、過払い金請求についてのCMが流れるようになっています。私もそのCMをみて請求を行ってみることにしました。過払い金請求では、まず相談から行う訳ですが、さすがにプロミスとアコムですし、信頼されている金融機関ということもあり過払い金はないもだと思っていました。ですが、相談してみると返済期間が長かったこともあり、過払い金が発生していたのです。月々10万円ほど支払っていましたが、借金そのものが半分になり、月々の返済も半分の5万円に減らすことができましたよ。

借金のことを考える時間が少なくなりました。

過払い金請求を行ってから初めて、自分がした借金の総額を知ることができました。都度借金をしていたので、金銭感覚は麻痺しており気づくことができませんでした。しかし、いざ気づいてみるととんでもない額の借金をしていましたし、そこから収支の見直しをするようになりましたね。また、定職についてからはというと、借金をすることは極力控えるようになりましたし、手続きに時間がかかるということもあって、もう二度と借金はしないと決めました。借金を減らすことだけが理由ではなく、自分を変えることができたのが一番のメリットだと思っています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の取引履歴の開示請求とは

目次取引履歴の開示請求って?取引履歴の開示請求が必要な理由…

任意整理をした後でも「VISAカード」を使う方法と注意点

目次VISAの借金を任意整理するための条件任意整理後に「VISAカ…

モビットの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次モビットの借金を任意整理すれば、周囲に秘密で返済額を減…

プロミスの債務整理体験談

投資に失敗して生活費が不足する事態に

借入額340万円

長年支払ってきた借金を完済することが出来ました

借入額70万円

保証債務を負担するために行った借金が重くのしかかりました

借入額250万円

会社員だった僕はギャンブル依存症のようになり、堕落した生活を送っていました/30歳フリーター

借入額150万円

過払い金返還請求が思いがけない金額に

借金の負担が軽くなりました

借入額210万円