債務整理は自己破産を意識して行なうと良い

2019.03.22 更新

会社員

借入先業者名
借入額
150万円
借入期間
5年1ヶ月
毎月の返済額
6万円

派遣社員として働いていた時に、親会社の業績不振による経営合理化で工場ラインが閉鎖となりました。契約期間満了を待たずに早期終了となったので、派遣元からは1ヶ月分の補償が出たものの、以後は放り出されました。急に仕事が見つからなかったので、ショッピングリボで生活を続けつつ次の派遣会社を見つけましたが、ショッピングリボの便利さを知ってしまい気がつくと多額のリボ払い残高を抱えることになってしまいました。金利が低い銀行カードローンへ移行して借り換えたものの、利用可能枠を使ってしまい返済が難しくなりました。

バンクイックから80万円、オリコから70万円の借金。毎月の返済は6万円。

オリコのリボ払い専用カードが利用停止となったので、返済専用となりました。バンクイックからの借入を行いながら生活をしてきたものの、賃貸物件の更新料を支払ったら生活に支障が出てしまいました。派遣会社の仕事は、いつまた突然クビになるか分からないので常に失業との背中合わせで安定しませんでした。毎日不安を抱えながら生活しなければならず、休日は特に引きこもりがちになってきたので、以前よりも交友関係が無くなりました。病気になった時点で滞納してしまう自転車操業状態が続いていたので、精神的に追い込まれていました。

将来利息と経過利息が免除されて元金のみ返済すれば良くなりました。

債務整理の方法としてどのような手段があるか分からなかったので、弁護士へ依頼して任せることにしました。債務調査を行った結果として、任意整理で将来利息と経過利息を免除出来れば、元金のみを毎月支払って行くことで和解すれば、問題ないという話でした。債権者との和解が必要となりますが、バンクイックとはすぐに和解出来るもののオリコは執拗に交渉を拒んで来るので、自己破産を念頭に入れても構わないかという確認が弁護士からありました。すると、オリコも急に和解に応じて来たので、任意整理の交渉に長けた弁護士へ依頼出来たからこそオリコとの和解が成立したと考えています。毎月の返済額が6万円から3万円に減ったので、5年かからずに返済出来る見込みです。

毎月の家計状況を見直すキッカケとなりました。

債務整理を行なう際に、債務調査を弁護士が行っている段階で毎月の家計簿を付けるように言われました。今までどんぶり勘定で生活してきたので、家計簿を厳密に付けることが出来るか不安でしたが、レシートを集めて貼り付けることから始めることが出来たので続きました。最低限必要な生活費を見極める事が出来たので、無駄遣いを大幅に減らすことが出来ました。金融会社ごとに性格が異なることが分かったので、貯蓄を増やして行き金融会社のお世話にならないようにしたいと考えています。生活スタイルを見直すキッカケとなったので良かったと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

ポケットカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイ…

目次ポケットカードの特徴ポケットカードの借金を債務整理する…

ビューカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次ビューカードの特徴ビューカードの借金を債務整理するとき…

任意整理した借金を一括返済で支払いすれば得する?

目次任意整理をした借金の一括返済を考える任意整理した借金は…

バンクイックの債務整理体験談

簡単に保証人にはならない方がいい!友人を信頼して招いた借金地獄

借入額300万円

スロットの軍資金の為に借りていました

借入額150万円

給与所得者等再生は金額が大きい/37歳会社員

借入額260万円

姉の借金を肩代わりすることになり借金まみれに

借入額360万円

大昔の過払い金が戻りました。

借入額70万円

借金を抱えて三年!悩んで出した答えが特定調停!

借入額850万円