まさか自分が?最終的に自己破産を選んだ私の体験談

2019.03.13 更新

自営業

借入先業者名
借入額
400万円
借入期間
3年9ヶ月
毎月の返済額
10万円

自営業が失敗し、その際払いきれなかった借金の返済のため消費者金融に手を出し再び借金地獄に陥りました。

軽い気持ちで始めた自営業で大失敗し、1,000万円以上の大量の借金を背負うこととなってしまいました。先のことを全く考えず、ただ「楽しければいいや」という思いで始めたのが間違いだったので自業自得なのですが、その借金は当時住んでいた家や遺産で譲り受けた田舎の土地を売っても払いきることが出来ませんでした。その時の私はとにかく自営業の失敗で作り出してしまった残りの借金を返すことに必死になっていたため、あともう少しだからと消費者金融数社から数十万もしくは百万ちょっとずつまた借金をしてしまいました。

アコム、アイフル、プロミス、レイク、モビットから20~110万の借金。月10万程の返済

一緒に頑張って働いてくれていた家内が過度の疲労と精神的ストレスから倒れ、働けなくなってしまい、最終的にうつ病のような状態になってしまいました。その為、家の中の仕事も私がしなくてはならず、次第に荒れ放題になっていきました。滞納状態にならないよう毎月必死になって返済をしていましたから、食事の出来ない日が3日続いたこともあります。就職したばかりの息子に仕送りをしてもらうような、父親として非常に情けない状態でした。私も疲れ切っていましたが、倒れるわけにはいかないと毎日気を張って生きていました。

自己破産で借金が帳消しになり、やっと肩の力を抜くことが出来ました。もっと早くしておけば良かったです。

仕事場近くにある弁護士事務所に通い自己破産をした結果、今まで抱えていた借金が全て帳消しになり、普通に毎日3食の食事をすることの出来る日々が返ってきました。その頃の私の家庭には財産と呼べるものが一切存在しなかったため、とくにこれと言って面倒な手続きもなく、気が付いたら終わっていました。毎月の借金返済のために毎日毎日必死になって早朝から深夜まで汗水たらして働いていましたが、返済する借金が自己破産したことで無くなったため、仕事の量も無理のない程度まで減らすことが出来ました。

仕事量を減らせたので精神的な余裕が持て、うつ病気味だった家内にも優しく出来るようになりました

完全なる自転車操業をしてしまっていたにも拘らず、自己破産という形をとるに至るまでその事に全く気付けていなかった自分の金銭感覚や見通しの無さに気が付くことが出来ました。田舎で一人で暮らしている母や家内の実家などに自己破産したことを知られたら余計な心配をかけてしまうと思っていましたが、知られるようなことは無かったので本当に良かったです。これからはもっと先のことを考えてから一つ一つ行動しなければいけないと強く思いましたし、家内や息子にも感謝しながら生きていこうと決意することが出来ました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

オリコの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる?

目次オリコなどのクレジットカードも任意整理できるクレジット…

借金問題解決のため、夫婦で債務整理をする場合について

目次夫婦のどちらも借金がある場合の債務整理について夫婦で借…

債務整理はバレない?家族や会社に内緒で借金返済する方法

目次債務整理の中には家族や会社にバレやすい手続きもある自己…

レイクの債務整理体験談

友人を助けるために自分も借金しましたが、結果的にお金が足りなくなった為に自分も借金する羽目になりました。

借入額300万円

弁護士に相談をして目が覚めました

借入額200万円

迷っている時間があれば、即行動

借入額200万円

過払い金請求は借金で悩む人の強い味方

借入額70万円

結婚を意識した時に債務整理を決意しました

借入額180万円

事業で失敗をして借金を作りました。

借入額220万円