ゲームに嵌まって課金で借金を作りました。

2019.03.12 更新

会社員

借入先業者名
借入額
110万円
借入期間
3年1ヶ月
毎月の返済額
3万円

スマホゲームに嵌まって課金のために借金をしました。

職場でスマホのゲームが流行り、誘われてプレイして嵌まってしまいました。これまでゲームはほとんど行ったことがなく、こんなに楽しいとは知らなく、気付いたら課金にも手を出していました。ただ最初はお小遣の範囲内と決めて行っていましたが、ボタンひとつで課金できて、支払いは後日の引き落としということで、つい調子にのってしまい、引き落としの時にかなりの額になっていて、一度で支払えずリボ払いを利用するようになりました。それでやめればよかったのですが、ランキングを維持したく、その後も課金を続けてキャッシングをするようになりました。

楽天カード80万円、プロミス30万円。月々3万円の返済

課金にお金をつぎ込み、気付いたときには引き落としで貯金がなくなっていました。支払いが厳しくリボ払いにして、問題は家賃や光熱費、通信費などの必要な支払いができないことで、仕方なく消費者金融を頼りキャッシングをしてその場をしのぎました。ただそれからは返済が厳しく、利息分もかかってきて毎月の生活がギリギリで、ゲームにの課金どころか食べるものにも困るくらいでした。節約生活で楽しみがなくなり、返済に怯えるようになり、落ちついて過ごすこともできなくなって、常に追い詰められた気持ちでいました。

個人再生で借金の総額が減って、返済が楽になりました

何時まで経っても減らない借金に不安を感じて、テレビで見た無料弁護士相談を利用してアドバイスをもらうことにしました。話をしたところ、弁護士さんから債務整理をすすめられて、個人再生の手続きをとってもらうことにしました。無事に裁判所で可決されて、借金の総額が大きく減りました。これまで見えなかった完済のゴールが見えたことで、ほんの少しですが前向きに考えることができるようになって、頑張ろうと思いました。また生活が厳しいことを告げたところ、月に3万円の支払いから2万円に減らし、楽になりました。

気持ちが前向きになり、将来を考える余裕が生まれました。

弁護士さんに相談して、債務整理により借金の総額が減ったのが何よりも助かりましたが、それと同じくらい収支について考えるきっかけになってくれました。お金の流れを見るために家計簿を付けるように言われて、これまで課金に注ぎ込んできた分を数字で見て、金額に自分で呆れてしまいました。そして日常のささやかな買い物もコンビニを頻繁に利用するなど無駄が多く、切り詰めるべきところが多いことが分かりました。参考にして無駄のない生活を心掛けて、将来にむけて貯蓄するなど、お金の大切さを学びました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の費用は分割払いできる?

目次債務整理をする場合、裁判所や専門家への費用がかかる!裁…

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

任意整理後の賃貸契約で注意すべき点

目次任意整理してブラックリストに載っても賃貸契約を結ぶこと…

楽天カードの債務整理体験談

スロット依存症になり借金を繰り返していました

借入額170万円

夫に内緒で買い続けたダイエット食品

借入額160万円

老後破産した義両親に援助して借金をつくってしまいました

借入額230万円

仕事の先輩との付き合いが多く借金。

借入額120万円

連帯保証人となって借金を背負い込みました

借入額180万円

交渉中は緊張しました

借入額120万円