姉の借金を肩代わりすることになり借金まみれに

2019.03.22 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
360万円
借入期間
4年9ヶ月
毎月の返済額
12万円

姉が詐欺被害に遭い精神状態が不安定になっていたので借金を肩代わりすることに。

姉が友人に騙されて借金をしていることが判明し、危険な状態となりました。仕方なく肩代わりすることにしましたが、予想外に多く350万円もあったのです。手持ちのクレジットカードや銀行カードローン、消費者金融から集めて工面しました。暫くは問題なく返済出来ていたものの、会社が突然倒産して失業したことで、支払いに困る事態となってしまったのです。生活のためにすぐにでも働く必要があったので、当面は派遣社員として勤務することにしました。しかし、実際には収入が以前よりも少ないことから返済しながらでは無理がありました。

三井住友銀行、アイフル、モビット、バンクイックから各90万円の借金。月々12万円の返済。

最初は姉を助けるための借金でしたが、順調に返済することで半分近くに減りました。しかし、失業に伴い派遣社員へと転職をすると、収入額が減少してしまい給料とを家賃と返済に充てると生活費が残らない状況にまで追い込まれたのです。アルバイトを並行して行っていましたが、週7日で働くことは、かえって疲労が蓄積してしまう結果となり、休む日が増えて収入が大幅にアップするわけではありませんでした。借りては返すの繰り返しにより、借金返済開始時よりも借入総額が増えてしまう結果となってしまったのです。

自己破産を申し立てることにより、免責決定が下りて借金が綺麗になくなりました。

利用していたカードが使えなくなり始めたことで、いよいよ債務整理をしなければならなくなりました。弁護士事務所に相談すると、すぐに自己破産を勧められました。年収を上回る借金を返済することは困難な状況が明らかで、既に生活が破綻していたからです。4ヶ月かけて陳述書を作成し、家計状況確認シートを付けて申し立てるまでに漕ぎ着けました。3ヶ月後には免責決定を受けられたので、無事に借金返済が免除されることになったのです。今まで毎月12万円返済に充てていた分を、生活費として使えることになったことは新鮮に感じました。

手元にお金がある状態が少なかったので、生活に余裕が出来ました。

債務の返済に苦しんでいる状態が続くと、勤労意欲が次第に無くなってしまうものです。自己破産申し立て準備を始めた段階から、給料の使い道が変わりました。弁護士への支払いが終わると、自己破産により免責決定を受けた後の生活に向けたお金の使い方を学ぶ時期となったのです。自己破産を行なう際に、手続きに慣れた弁護士に依頼出来たことで、免責決定が下りる迄にある程度の貯蓄を作っておくことが大切と知りました。5年から10年間は借入が出来なくなるわけですから、事前に準備出来たことは大きいと感じています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理は結婚に影響しない!結婚したらローンは組めるのか?

目次結婚前の債務整理には任意整理がおすすめ【結婚生活に影響…

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

任意整理を依頼すると取り立てがすぐ止まるってほんと?

目次任意整理でつらい取り立て、督促はすべて止まる任意整理を…

三井住友銀行の債務整理体験談

海外旅行で病気になり現地の病院に行ったら多額の治療費を請求され借金をすることに。

借入額85万円

夫が事故で働けなくなって借金で生活費を補てんしました

借入額200万円

病気治療のために借金を負いました

借入額180万円

手形の知識は商売するなら必須です

借入額800万円

父親の債務を肩代わりするために借金

借入額160万円

クレジットカードで借金地獄に陥り過払金請求で問題解消

借入額100万円