十分な貯蓄が無いうちに起業しても失敗します

2019.03.22 更新

自営業

借入先業者名
借入額
400万円
借入期間
5年8ヶ月
毎月の返済額
13万円

会社が解散して再就職に失敗し、自営業を始めたものの借金ばかり。

ガソリンスタンドの小規模チェーンに勤務していましたが、法改正に伴い地下に埋まっている貯蔵タンクが新基準を満たせないことから、解散して廃業となりました。暫くは会社都合退職という事情から休業補償が出ていましたが、失業保険が給付完了前に再就職出来なかったので、起業することになりました。車の修理は出来ていたので、何とか頑張ってみたのですが、わずか3年で立ち行かなくなりました。生活費が不足して借りた借金が増えすぎて返済が難しくなり、債務整理を考えなければならない状態にまで追い込まれたわけです。

アイフル、アコム、レイク、シンキから各100万円の借金。月々13万円の返済。

勤務先が解散となった時に、職業訓練校に入って手に職を付けようとしましたが、時期的に認められませんでした。年明けに失業した人が何とか滑り込める制度としか思えませんでした。同業者ではアルバイトしかない状態だったので、全く異なる事務仕事も探したものの面接を突破出来ません。自営業として、車の修理を始めた時には残っていた200万円を使って始めたものの、生活費を稼げる水準まで売上が上がらない状態だったのです。毎月生活費の不足分を借金で補う生活をしていれば、更に苦しくなることは分かりきっていたわけですが、それでも改善出来ませんでした。

自己破産の申請をして免責を受けられたので、全部の借金が返済免除されました。

収入を支出が上回る状態が続いていたので、ついに消費者金融のカードが利用停止となりました。生活が出来なくなることと、滞納が始まることから、すぐに弁護士事務所を訪れて相談することにしたわけです。借金理由が生活費だったことから、自己破産を申し立てて生活を立て直すことが必要と判断されました。弁護士費用を稼ぐ必要があったので、派遣会社に登録して稼ぐことを考えました。そこで見つけたのが遊技機のデバッグ作業でした。弁護士費用を何とか工面してから、自己破産申し立てを行なうことになりましたが、受任通知発送後は返済が止まったので家計は黒字となりました。免責決定が下りたので、正式に借金返済義務が免除されたわけです。

免責決定が下りたことで、借金の返済義務が免除されて、生活が楽になりました。

既に年収を上回る借金があれば、債務整理をすぐに開始することが必要でしょう。弁護士から言われたこととして、最も心に刺さったことは、自己破産を行い免責決定を受けても借金の返済義務が免除されるだけで、借金自体が消えたわけではないことです。自己破産をすれば、全て借金が免除されると思われがちですが、生活再建を目的として借金返済義務が免除されるだけと肝に命じて生きることが求められています。債権者との取引が二度と出来ない理由を、正確に捉えることで甘えずに生きてゆく術を身に付ける必要性を認識しました。自己破産手続きは、失敗から立ち直るための制度なのです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

モビットの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次モビットの借金を任意整理すれば、周囲に秘密で返済額を減…

任意整理で月々の返済額はどのくらい減る?

目次任意整理とは?メリットは主に2つ!任意整理によって月々の…

債務整理の取引履歴の開示請求とは

目次取引履歴の開示請求って?取引履歴の開示請求が必要な理由…

レイクの債務整理体験談

過払いで引っ越しができました。

借入額250万円

キャバクラにはまってしまい、借金地獄に。

借入額280万円

借金の理由は会社が経営不振で収入が減ったためでした

借入額200万円

恋人と同棲をはじめ、生活苦になりクレジットカードや消費者金融から約150万円借り入れを行いました。

借入額150万円

芸人になる夢を清算しました

借入額210万円

借金に困ったらまずは過払い金請求を

借入額130万円