実家暮らしは甘い生活でした

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
360万円
借入期間
6年11ヶ月
毎月の返済額
12万円

独り暮らしを初めてクレジットカードを使い始めたものの借金が増えてしまった。

大学卒業するまで実家で暮らしていたので、生活費がどのくらい必要かという金銭感覚は、小遣いの延長でしかありませんでした。いざ独り暮らしを初めて初任給を貰った時には、小遣いとの差が大きく感じられましたが、3ヶ月もすると給料が安すぎると感じるようになったのです。クレジットカードを入社時に作る決まりだったのですが、怖くて使っていませんでした。給料日までまだ期間があったので、クレジットカードで食材を買い物することが、全ての借金生活の始まりでした。手元の現金が減らない感覚に、実家にいた時と同じ生活レベルを求めて買い物をしていたのです。

ニコス、オリコ、エポスカードから各120万円の借金。月々12万円の返済。

実家では父が家計を支えていたので、生活費がどのくらい掛かっていたのか全く知りませんでした。実家と同じ食材を独り暮らしで購入していると、使い残しやそもそも価格の上下を知らずに購入することになります。クレジットカードで支払うと、家計の管理がしやすくなるという話を聞いて使っていたものの、家計簿をそもそも付けていない状態でしたから、浪費を助長するだけでかえってクレジットカードの残債を増やすだけでした。毎月の支払いが増えて行くにつれて、家賃の支払いが危なくなってくることが分かったので慌ててしまいました。

自己破産を申し立てることで、免責決定により借金を全額返済免除されました。

翌月の支払いが出来なくなることは、最初にエポスカードの利用停止により判明しました。クレジットカードによる買い物が出来ない時点で生活費が不足することが明らかだったのです。慌てて債務整理に着手することになりましたが、頭のなかには映画のような恐い人が電話や訪問に来ることを意識していました。弁護士に相談すると、実際にはそのようなことはないことを知りましたが、自己破産をすることに決めました。今までの生活がいかに問題が多いものだったかを家計簿で知り、生活改善をしながら自己破産の免責決定を待つことになったのです。免責決定が下りたことで、毎月の返済額12万円がゼロとなり、新しい生活にやり直すチャンスを貰えたわけです。

会社からの給料の範囲内で生活することの大切さを改めて知ることが出来ました。

自己破産の申し立てを行なうだけならば、弁護士に任せて必要な資料だけ集めれば良いわけですが、実際には様々な作業を伴うことが分かりました。家計簿を付けるだけでなく、いかに平均的な世帯のお金の使い方と乖離していたかを、家計簿を細かくチェックすることで確認する作業の方が大切だと弁護士に教えてもらいました。弁護士から受任通知が発送されると、債務の弁済は停止されますが、毎日の生活は続くので給料のみで生活出来ることを実際に証明する期間となります。自己破産手続き準備開始から免責決定が下りるまでの期間で、狂った金銭感覚を修正することが求められているわけです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理にかかる費用は?弁護士費用を安く抑える3つの方法

目次任意整理にかかる弁護士費用の相場と内訳「手元に依頼費用…

債務整理費用を安く済ませるコツとは

目次費用が最も安いのは自分で行う債務整理自分で行う債務整理…

プロミスの借入を債務整理すると、信用情報に傷がつく

目次プロミスの過払い金請求は可能なのか債務整理をしたことが…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

分割払いをリボ払いに変えると危険です

借入額270万円

個人再生で1000万円の借金が300万円に減額

借入額7社から約1000万円

アイフルからの借金がすべてなくなりました

借入額130万円

債務整理をして、借金問題が解決された体験談

借入額120万円

独り暮らしに潜む誘惑に気を付けたい

借入額360万円

借金問題には、一度専門家の先生に相談するのが良いです。

借入額324万円