借金はひとりで悩まずに専門家に相談しよう/40歳営業

2019.02.06 更新

40代会社員

月収
25万
借入先業者名
借入額
250万円
借入期間
5年6ヶ月
毎月の返済額
5万円

友人の借金の保証人になったためです。

私が借金をするようになってしまったのは、友人の借金の保証人になってしまったからです。学生時代から付き合いのあった友人で絶対に迷惑はかけないからということで保証人になったのですが、事業で失敗したようで多くの謝金を残したまま姿を消してしまいました。なんとか行方を捜したのですが一切連絡がつかなくなってしまい、少しすると私の元に借金の返済を迫る連絡が入るようになりました。当時は手取りで25万円程度の収入でしたのでとても返済していく余裕はなく、消費者金融に借金をするようになってしまいました。

アコムから150万円、アイフルから100万円。月々5万円の返済。

友人の借金の保証人になっていたことを妻や家族には隠していたため、それが知れたときは大騒ぎになりました。子供も私立大学への進学を断念し就職することになってしまうなど大変申し訳なく思っています。毎月の返済日が来るたびに家庭の中が重苦しい雰囲気に包まれるようになりました。険悪な空気の毎日ですので、ささいなことからケンカも増え一時は離婚するかどうかのところまで家庭環境が悪化していました。また、借金の返済を優先したため自由に使えるお金がなくなってしまい人生の楽しみも無くなってしまった感じでした。

過払金の請求をしたら驚くほどのお金が返ってきていい意味でショックでした。

友人の借金の保証人になってしまったために発生した借金をなんとか返済するために夜間や休日はアルバイトまでしていましたが、そんな時偶然過払金請求のテレビコマーシャルを見ました。こういうのはごく一部の人に当てはまるもので私には関係のないことだろうと思いましたが、なんとなく藁にもすがりたい思いで相談の電話をしてみました。担当してくれた弁護士の先生はとても親切な方で親身になって話を聞いてくれました。相談の結果、借金の残債を上回る額の過払金が返ってくることが分かり、一気に借金が無くなりました。

借金問題は自分一人で悩まずに専門家に相談するべきだと強く感じました。

借金によって一時は離婚問題まで発展した我が家の家庭環境が穏やかなものに戻ったのが本当に嬉しいです。今後はどんなに親しい友人や知人であっても借金の保証人にだけは絶対になってはならないと固く心に誓いました。お金の問題は人生を狂わせるということを身を持って体験することができました。もし過払金請求をしていなかったらと想像すると恐ろしくなってしまいます。絶望の中から私を救ってくれた弁護士の先生にはとても感謝しており、もし借金で困っている人が身近にいたら過払金請求の手続きをしてみることをすすめたいです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理と起業の関係 借金の支払いを軽くするには

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると、法律上起業できな…

債務整理の相談費用は?任意整理の必要書類や持ち物について

目次債務整理の相談費用は無料|弁護士・司法書士事務所紹介 任…

債務整理を依頼するなら司法書士・弁護士どっち?費用や手続きの違い

目次債務整理にかかる費用は弁護士よりも司法書士の方が安い司…

アコムの債務整理体験談

借金が現金に化けました。

借入額80万円

借金返済を諦める前に過払い金請求/30歳自営業

借入額550万円

借金で悩んでいるあなたへ!!

借入額180万円

パチンコやパチスロにはまって多重債務になりました。

借入額210万円

クレジットカードやカードローンの返済が出来ない!会社を辞めさせられた私が選んだ道は任意整理でした

借入額250万円

競馬で大負けして借金地獄に。

借入額330万円