思い切って弁護士事務所に相談したことで借金苦から解放されました

2019.03.30 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
350万円
借入期間
8年6ヶ月
毎月の返済額
7万円

低収入の派遣社員にも拘わらずクレジットカードを作ったことがきっかけで借金苦に陥るように。

就職氷河期の最中だったこともあり内定をひとつも取れなかった私は、派遣社員として工場勤務することになったのですが、給与振込み用の銀行口座を作る際に勧誘されるままにクレジットカードを作ってしまいました。作ってからしばらくの間は使うことがなかったものの、遊びたい盛りだったこともあり派遣社員の少ない給与を穴埋めするため少しずつ借入を繰り返すようになりました。最初のクレジットカードはあっという間に一杯になり、気づけば多重債務状態に。当時の派遣社員の収入だけでは生活が破綻してしまうほど毎月の返済が増えたので、深夜のコンビニバイトなどもするようになりました。

クレジットカード3社から合計250万、プロミスとアイフルから合計100万。月々7万円の返済。

ボーナスが出ない派遣社員ということもあり元々生活は楽では無かったのですが、多重債務状態に陥ってからは本当に苦しくなりました。当時は景気が徐々に良くなってきたので仕事に困ることはなかったものの、利息払いだけで手一杯で全く貯金も出来ない生活が10年以上にも及び、自分でも気づかないうちに身も心もボロボロになっていきました。突然の世界同時不況をきっかけに派遣社員の仕事を打ち切られることで、何とか続けられていた自転車操業も破綻。ついに滞納するようになってしまい、厳しい取り立てに追い立てられることになりました。

グレー金利で支払っていた時期があり借金総額は86万円にまで圧縮。スムーズに返済出来ました。

延滞を始めてしまってから3ヶ月ほど経過し、厳しい取り立てに追い詰められていた私は、ついに弁護士事務所に相談することにしました。普通の弁護士事務所に行くことには抵抗があったので、債務整理を専門としている大手を選んだ次第です。無料相談サービスを実施していたことも、選んだ理由としては大きかったと思います。担当の弁護士さんにこちらの状況を相談したところ、収入のわりに借金の総額は大きいがグレーゾーン金利で支払っている時期がかなり長い為、自己破産ではなく任意整理が妥当かも知れないとのこと。とても頼もしく思い、言われるがままにお任せしたところ、全て帳消しにはならなったですが借金総額は約1/4にまで圧縮され、毎月3万円支払いの3年払いで決着がつきました。

金利が免除された上に毎月の支払い額が半分以下に減った為、気持ちに大きなゆとりが生まれました。

法律事務所に任意整理を一任した直後から、厳しい取り立てがピタリと止んだことが一番嬉しかったです。ドアをノックする音や携帯電話の着信に怯える生活から解放されることで、ずいぶん精神状態が安定するようになりました。毎月3万円という支払いも派遣社員の私にとっては決して安い金額ではないですが、確実に元金が減っていくことに大きな手応えを感じられたので、滞納することなく綺麗に払うことができました。弁護士事務所への報酬は決して安くなかったものの、金利だけを延々と支払い続ける先の見えない生活から解放されましたし、本当に感謝しています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

学生の債務整理カンタン解説 返せない借金の相談先は?

目次任意整理とは?大学生でも手続きすることはできるの?奨学…

債務整理の郵便物はどこに届く?

目次債務整理を依頼すると、債権者からの督促も止まる専門の弁…

任意整理と自己破産どちらを選ぶべき?メリット・デメリットを徹底…

目次任意整理・自己破産の違い自己破産は任意整理に比べてデメ…

ライフカードの債務整理体験談

軽い気持ちで借りたキャッシングが過払いの原因でした

借入額200万円

副業に手を出して失敗しました

借入額180万円

支払額が減りました。

借入額80万円

交渉中は緊張しました

借入額120万円

いざとなったら死ぬよりましです/41歳飲食店店員

借入額全部合わせて270万円

驚きの結末になったことに感謝

借入額200万円