最高の結末になった過払い金返還

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
300万円
借入期間
12年3ヶ月
毎月の返済額
12万円

かつての同僚が失業してしまい、生活苦になりました。お金を貸すことで借金生活に。

以前に、職場でかなりお世話になっていた、同僚が、事業で失敗してしまい、借金苦になりました。その同僚から、助けて欲しいという内容のメールをもらい、再会を果たすことになりました。私自身も、家族を持っている身分のため、決して金銭的な余裕があるわけではありませんが、何とか助けてあげたいという思いにかられました。私は、そんな中、軽い気持ちで消費者金融業者やクレジット会社に申し込みをして、お金を用意することにしたのです。返済は簡単にできるだろうという安易な気持ちで借りてしまいました。

アイフルとレイク、モビットから各100万円ずつの借入。月々合計12万円の返済。

借入を始めた当初については、返済も楽にすることができていました。しかしながら、借金が200万円を超えたあたりからは、毎月の返済金を用意することが難しくなっていきました。お金を貸した元同僚からは、毎月10万円ずつ返してもらっていましたが、その返済が遅れる時には、私自身が立て替えて支払う必要があるため、大変になります。時には、返済をしてくれない時もありましたので、困り果ててしまいました。最終的には、妻にすべてのことを話して、貯金を切り崩しての返済になることもありました。

過払い金請求をすることで、債務がキレイになりました。

毎月の生活が苦しくなってしまい、弁護士事務所に相談することにしました。弁護士には、私自身が、消費者金融業者やクレジット会社から借入をすることになった経緯から話すことになりました。その上で、既に返済を続けてからの年数が10年を超えていることも伝えました。弁護士からは、過払い金請求を視野に入れた方がいいという助言を受けることになりました。弁護士にいわれる通りに手続きをすることで、過払い金を手にすることができました。金額については、弁護士への報酬を差し引いても50万円を超えるほどになりました。

毎月の返済に頭を悩ますこともなくなりました。

弁護士とのやり取りを通じて、いろいろと学ぶことができたのは、有意義なことだと思いました。お金を実際にお借りしていた、消費者金融業者やクレジット会社に対しては、申し訳ない気持ちを持っていますが、やはり、グレーゾーン金利については、認めてほしくないという思いで一杯でした。すべての債権者が、過払い金返還に積極的ではないという事実を知ることができたのも良かったです。弁護士からは、簡単にお金を人に貸すことはやめた方が良いと強くいわれてしまいました。私自身も、痛感していました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理はどの消費者金融の借金なら出来る?他の債務整理が良い場…

目次クレジットカード、住宅ローン、銀行ローンと消費者金融も…

プロミスの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次将来利息をカット!大手消費者金融、プロミスの借金を任意…

弁護士に債務整理の依頼をする前に…知っておきたい費用や探すポイン…

目次債務整理の手続きを弁護士に依頼するメリット5つ1.最適な…

レイクの債務整理体験談

借金問題なら悩まず専門家に相談を

借入額110万円

債務整理は私に新たな人生を歩むきっかけをくれました

借入額130万円

ギャンブルにのめり込んでしまい、当時月20万円の給料では足りず借金。気付いた時には借金だらけの生活になっていました。

借入額380万円

ギャンブルや浪費が原因で多重債務になりました。

借入額280万円

私の苦しかった任意整理の体験談とは

借入額200万円

親の医療費を工面して多重債務になりました

借入額250万円