友人を助けるために借金!友人が飛んでしまい莫大な借金だけが手元に!

2019.03.22 更新

会社員

借入先業者名
借入額
60万円
借入期間
2年2ヶ月
毎月の返済額
2万円

友人を助けるために借金。友人は逃亡してしまい借金地獄に。

友人がどうしてもお金が必要だということがあり、何度か貸し借りを行っていました。そのときの状況を聞くと、諸費者金融から借金をしていて返済をしなければならないという理由でした。そういう関係を続けていると、私のお金でばかり借金を返済するようになっていました。仲がよい友人と言う関係でしたが、お金の貸し借りがある以上そういうことはできませんでした。私も貸すことができる額が決まっていましたし、友人に一時的に借金の保証人になってほしいとお願いされました。最初は断っていましたが、押しに負けて保証人になってしまったのです。

アコムから30万円、三菱UFJニコスから30万円。月々2万円の返済

最初は利子率の関係もあって三菱東京UFJ銀行から30万円を借りていました。信用もあったので、すんなり借りることができました。何度か友人に頼まれて銀行で借用を繰り返していると、信用を失ってしまい、結局はアコムで30万円借金をすることになりました。保証人という形でしたので、特に最初は返済していませんでしたが、すべて借用が済んだ後に友人と音信不通になってしまったのです。それで残ったのは、60万円の借金だけでした。友人の借金を返済するのもおかしな話ですが、おかげで常日頃借金について考えるようになりましたよ。

特定調停で支払った分をすべて回収!友人を見つけ出し全額返済できました!

借金を返済して思うことは、友人の保証人とはいえ、友人のために借金返済をすることに違和感を覚えていました。毎日借金のことを考えており、さすがに嫌気がさしてしまったのです。そこで、弁護士に相談してみることにしました。すると、探偵を雇われるように言われ、友人を捜すところから始めました。すると、ただの娯楽費として借金をしていただけでした。その状況を見て、特定調停の手続きを行うことになりました。証拠写真があったので、結果として私が支払った分の借金40万を私に返金することと、残り20万円の借金を友人が全額返済するという形で話は進みました。

借金のことを考えず、収支管理をするようになりました。

特定調停ということもあって、少し罪悪感がありました。しかし、お金の問題になってくると、情だけでは解決できない問題でした。友人を見つけてからはというと、結果として借金を全て友人が支払うことになり、結果としてよかったと思いましたが、二度と保証人にはならないと決めましたね。その他には、自分でも借金は絶対にしないと決めました。というのも、借金返済していると昼夜問わず電話がかかってきますし、収支管理がうまくできなくなってしまいます。そして、特定調停にも時間がかかりますし、自分の時間を大事にしたいので借金はもうこりごりです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

知っておいて損はない、借金額と債務整理の「微妙な」関係

目次手続きの種類と目的、債務者の状況で債務整理の効果は変わ…

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

学生の債務整理カンタン解説 返せない借金の相談先は?

目次任意整理とは?大学生でも手続きすることはできるの?奨学…

バンクイックの債務整理体験談

デイトレードのレバレッジ管理は慎重に

借入額400万円

書類作成が大変でした。

借入額200万円

債務整理はゴールではなくスタートライン

借入額240万円

投資に失敗して生活費が不足する事態に

借入額340万円

連帯保証人の役目を果たそうとしたら借金地獄に

借入額430万円

生活水準が違う友人に合わせた結果

借入額130万円