破綻する日は突然やってきます

2019.03.25 更新

会社員

借入先業者名
借入額
360万円
借入期間
5年2ヶ月
毎月の返済額
12万円

会社をリストラされて転職先が見つからずクレジットカードを使い始めて借金。

正社員として勤務していた会社が、業績悪化に伴い赤字が出ている事業部を閉鎖することになりました。閉鎖対象の事業部に在籍していた者は、海外の工場に転籍出来る者を除いてリストラ対象とされてしまったのです。定年まで継続して働けると信じて入った会社だけに、悔しい思いもしましたが、当面は会社都合退職扱いとなるので失業保険給付が受けられました。しかし、正社員として働いていた時に比べると半額程度しか支給されないので、今まではほとんど使用していなかったクレジットカードを使い始めてしまったのです。

エポスカード、オリコ、ニコス、セゾンカードから各90万円の借金。月々12万円の返済。

4枚のクレジットカードを正社員時代に作っておいたので、失業保険給付期間中も転職出来ずに無職となった期間も生活費の穴埋めに使っていました。最初は返済どうしようと考えながらでしたが、次第に利用可能枠自体が自分の預金から引き出す感覚となってしまい、使い方が荒くなっていたと後で気が付きました。しかし、派遣社員として働き始めるまでの無職期間では、正社員転職に拘りすぎて余計に仕事先の選択肢を狭めてしまっていたと考えられます。ついに滞納が始まり、3ヶ月滞納すると一括返済を求める警告文が送られてきた状態になってしまいました。

自己破産申立てにより、借金問題が解決しました。免責決定で全額返済義務がなくなったのです。

一括返済を請求される恐怖から、夜寝付けない状態になってきていました。インターネットで調べると、法テラスに相談出来ることを知りました。予約を入れて向かうと、弁護士を紹介されて相談の結果として自己破産手続きが最適と言われました。感じの良い弁護士だったので、すぐに依頼をすると、受任通知発送により督促が全て止まったのです。弁護士費用の分割払いを終えると、自己破産申立てとなりましたが、毎月弁護士費用として支払っていた分と同じ金額を、免責決定が下りた以降も積み立てることを勧められました。免責決定が下りたことで、借金が無くなり新しい生活を始められました。

借金が全て無くなったので、給料から貯蓄に回しながら暮らせるようになりました。

多額の借金がある状態では、生活の大半が返済と督促による恐怖感で覆われてしまう経験をしました。自己破産手続き準備を始めて以降は、借金返済を停止して給料のみで生活する練習が出来たと考えています。弁護士費用の支払いも、分割払いで支払える範囲の金額にしてもらえたことで、積み立て習慣を付けることが出来ました。免責決定後の生活で困ったことが起きないように、常に一定の貯蓄が必要だと初めて気付かされたのです。生活習慣を改善するには、大きな契機が必要となりますが、自己破産申請が転機となったと感じています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

知っておいて損はない、借金額と債務整理の「微妙な」関係

目次手続きの種類と目的、債務者の状況で債務整理の効果は変わ…

債務整理の郵便物はどこに届く?

目次債務整理を依頼すると、債権者からの督促も止まる専門の弁…

債務整理費用を安く済ませるコツとは

目次費用が最も安いのは自分で行う債務整理自分で行う債務整理…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

債務整理を決意したらその場でカードにハサミを入れました

借入額280万円

通販ショッピングにはまったのが原因の借金

借入額200万円

リボ払いは借金地獄の始まりでした

借入額200万円

友人の借金を保証しました。

借入額300万円

スロットに行きたくて借金をしていました

借入額220万円

仕事で美容にお金をかけすぎて借金生活へ

借入額190万円