別除権協定で悩むことになりました

2019.02.06 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
400万円
借入期間
7年4ヶ月
毎月の返済額
13万円

勤務先が倒産して軽貨物配送を始めたものの生活資金が不足して借金。

会社が倒産した時に、ハローワークで仕事を探しても見つからず困っていました。元同僚が軽貨物配送を始めたことを聞いて、同じく登録を行って仕事をしていました。自力での営業力がまだ少なかったので、会社員時代から利用していたクレジットカードと消費者金融の利用で、不足した生活費を賄うようにしていました。住宅ローンを支払うと、ほとんどお金が残らない月が時々あったので利用しているうちに、支払いが厳しい状況となってしまったのです。返済可能な額は決まっているので、貸金業法改正に伴いカードが利用停止になりお手上げとなってしまったのです。

セゾンカード、ジャックス、ニコス、アプラスから各100万円の借金。月々13万円の返済。

毎月確実に支払える返済額は5万円まで増えたものの、返済額13万円との差は大きく困っていました。貸金業法の改正により、総量規制の対象となってしまい、全てのクレジットカードが順次利用停止措置を取られてしまったので、生活に困窮する状況となってしまったのです。軽貨物配送では、住宅ローン以外にまだ車のローンが残っていたので、債務整理を行なう際にも車が無くなってしまうと困る事態から踏み切れない状況にありました。何とかして生活を改善して行く必要に迫られたのですが、身動きが取れない状況に困ってしまったわけです。

小規模個人再生により借金を圧縮出来て、完済を目指せました。

どうにもならなくなったので、弁護士に相談すると転職が出来ないか確認されました。転職に失敗して軽貨物配送を始めたことを弁護士に説明すると、別除権協定を車のローン会社と結んだ上で、債権者全体にも根回しをしなければ車は小規模個人再生をしても維持できないことを告げられました。他に手立てが無かったので、弁護士に一任して任せましたが、依頼してから再生計画案の承認と別除権協定締結までに8ヶ月かかりました。毎月の返済額は13万円から3万円に減額されたので、何とか無事完済に至りました。

債務整理を念入りに行なったことで、軽貨物配送の仕事を続けられました。

債務整理を行なう際に、別除権協定を結ぶことがいかに難しいことか知りました。しっかりと準備をした上で、債権者とも話をしなければならないことが良く分かりました。信販会社も人が運営している点では変わらないので、迷惑をかける結果となってしまいましたが、これから更生して行くために必要な手続きだったと今では納得しています。車を維持出来たことは奇跡に近い状態だったので、債務整理を行なう際には、弁護士ともよく話し合ってから決める必要があることを知りました。債務整理を依頼する弁護士とは、ウマが合うことが前提だと実感したわけです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理はどの消費者金融の借金なら出来る?他の債務整理が良い場…

目次クレジットカード、住宅ローン、銀行ローンと消費者金融も…

借金を任意整理したい!銀行口座は開設できなくなる?

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると銀行口座が利用でき…

任意整理をしても携帯電話やスマホの分割購入ってできる?

目次任意整理をしても携帯電話の新規購入や機種変更は可能!現…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

手元のお金が減らないと借金している感覚にならない間違い

借入額270万円

あきらめていたら、まさかの展開に

借入額300万円

ブランド品をキャッシングで購入していたら借金生活から抜け出せなくなり、最後は任意整理を選択しました

借入額200万円

訪問販売に引っかかって借金しました。

借入額70万円

特定調停で債務がスリムになりました

借入額200万円

見よう見まねでできた特定調停

借入額150万円