給与所得者等再生は武器になります

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
340万円
借入期間
6年2ヶ月
毎月の返済額
9万円

教育資金を積み立てて800万円用意しておいたものの、2人の息子が両方共に私立大学へ進んでしまい、資金が不足して借金することになりました。1人は更に大学院まで進んだことから、借入額が拡大して生活資金が厳しくなりました。教育ローンの審査には何故か通らなかったので、銀行カードローンと消費者金融から借入を行い返済を続けていましたが、生活資金が不足しがちになってしまったのです。仕方なく債務整理を考えることになりました。まさか2人とも私立大学へ進むとは考えていなかったので、計画が狂いました。

三井住友銀行から180万円、アイフルとモビットから各80万円の借入。月々9万円の返済。

住宅ローンが9年残っていたので、教育ローンを最初に申し込んだものの否決されてしまいました。別の銀行として三井住友銀行カードローンを申込み、借入が出来たので与信枠が増えると半年ごとに追加融資を受けました。それでも不足したので、消費者金融から借入を行いましたが、返済が厳しくなってきたので生活をギリギリまで切り詰めていました。車を売却して原付きバイクに変更しても資金が不足したので、債務整理をしなければならないと考えるようになりました。何とか踏ん張っていたのは、子供には行きたい道を進んで欲しかったからです。

個人再生により圧縮されたので、毎月の支払いが3万5千円を3年間支払うことで完済出来ました。

弁護士へ債務整理の相談へ向かうと、債務調査を行った上で個人再生を提案されました。場合によっては給与所得者等再生になる可能性もありましたが、個人再生を行なうためには債権者から再生計画案に対する消極的同意を得る必要があったからです。債務整理に強い弁護士だったので、債権者から消極的同意が得られなかった場合には給与所得者等再生をすぐに申請するという説明を受けていたので安心しました。小規模個人再生手続きにすれば100万円を3年間で支払えば良いと分かっていたからです。結果として消極的同意を得られたので、毎月の返済額が9万円から3万5千円に下がりました。

小規模個人再生を行ったことで住宅を手放さずに済みました。

借金を滞納してしまえば、財産の差し押さえがあることは知っていました。債務整理を行なうことで、小規模個人再生という持ち家を手放さずに済む方法があり、助かりました。浪人させてでも国公立大学に進学させれば良かったと今では考えていますが、子供の就職先が見つかったので今度は親孝行をしてもらおうと考えています。債務整理を行なうことで、子供に教育を最後まで与えることが出来たので、結果的には良かったと考えています。当面クレジットカードは作れませんが、家計の無駄を省いて堅実な生活を続けていきたいと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

借金を任意整理したい!銀行口座は開設できなくなる?

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると銀行口座が利用でき…

任意整理と起業の関係 借金の支払いを軽くするには

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると、法律上起業できな…

リボ払いを債務整理するメリットとクレジットカード返済のコツ

目次リボ払いを債務整理するときのメリット任意整理するとクレ…

三井住友銀行の債務整理体験談

老後破産した義両親に援助して借金をつくってしまいました

借入額230万円

妹の借金返済を手伝って自分も借金地獄に陥りました

借入額350万円

結婚詐欺に遭い、生活できなくなり借金をしました

借入額600万円

父親の債務を肩代わりするために借金

借入額160万円

ネットショッピングにはまって借金を重ねていたけれど債務整理で悩みが無くなりました

借入額130万円

社会人となったら自制心が大切です

借入額360万円