バイナリーオプションは素人が手を出すものでは無かった

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
320万円
借入期間
4年8ヶ月
毎月の返済額
10万円

友人からの紹介でバイナリーオプションに手を出したものの負けが込んで失敗。

友人がバイナリーオプションで儲けている様子を、友人宅に遊びに行った時に見せてもらい関心を持ちました。1分後にレートが上がるか下がるかを予想する単純なものでしたから、素人でも出来そうと簡単に思って始めてしまったのが間違いでした。最初の半年くらいは、掛け金が小遣いの範囲内で様子見をしていましたが、実際に現金が手に入ると賭け事のようにのめり込みやすい状態になっていました。実際には利益が出るのは、運営会社とプロのトレーダーくらいですが、損切りすら知らない状態で始めたので中毒性があったことは確かです。

アコム、レイク、モビット、アルコシステムから各80万円の借金。月々10万円の返済。

初期の頃に運用していた金額は、20万円でした。半年後には98万円にまで増えていたので、気を良くして消費者金融から借り入れてまでバイナリーオプションに注ぎ込んで儲けようとしていました。確かに半年で5倍近くになれば、金額を増やしたらもっと稼げると思うのは人情でしょう。しかし、負けの金額も大きくなることを冷静に考える余裕はこの時は、お金に目がくらんで冷静な判断など出来ていませんでした。気づいた時には既に借金額が200万円を超えていて、負けを取り戻すために借金をして取引を行なう状態に陥っていたのです。

個人再生により将来利息が無くなり借金額も100万円に圧縮出来たので、完済出来ました。

返済が困難と判明したのは、借金額を取り戻そうと消費者金融のカードを入れた時に利用不可となっていた時です。慌てて弁護士に相談して、債務整理を行なうことになりましたが、生活費ではなかったので自己破産には適さず、個人再生を勧められました。確かに毎月10万円の返済は無理でしたが、5万円ならば返済可能だったからです。小規模個人再生の準備を依頼して、再生計画案を作成して裁判所の認可を受けられたことで、毎月の支払額が3万円にまで圧縮出来ました。金利が付かずに分割払い出来たので、自然と完済出来たわけです。

冷静な判断力を取り戻すキッカケになり、圧縮した借金を完済出来たことで自信が付きました。

バイナリーオプション自体にギャンブル性があり、手数料が高いことから素人が手を出すものでは無いと今では理解しています。債務整理により、借金額を圧縮出来たことは生活を再建させる上で助かりました。毎月支払える範囲内に借金自体が圧縮出来るので、無理なく返済を続けながら、生活改善を行なうことが出来るからです。もっと多く払える月もありましたが、小規模個人再生を行った後も当面は借金が出来ないことを考慮すると、同時に貯蓄も行なうと良いでしょう。実際に返済を始めてから、弁護士に言われた貯蓄を行なう意義の意味が分かりました。小規模個人再生をキッカケとして、貯蓄習慣が身についたことは大きなメリットだったと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の郵便物はどこに届く?

目次債務整理を依頼すると、債権者からの督促も止まる専門の弁…

楽天カードを任意整理すると審査はどうなる?

目次楽天カードの借入を任意整理するメリット3~5年で無理なく…

学生の債務整理カンタン解説 返せない借金の相談先は?

目次任意整理とは?大学生でも手続きすることはできるの?奨学…

レイクの債務整理体験談

気付いたら多重債務者になっていました

借入額200万円

ブランド物のバッグを購入したくて借金を開始してしまいました

借入額140万円

自分磨きの為、借金。

借入額150万円

思いがけず借金が片付きました。

借入額180万円

ママ友との付き合いに苦しんだ3年間

借入額120万円

定年まで勤務出来るとは限らない

借入額150万円