財産分与を行なう際には気を付けたい

2019.03.25 更新

会社員

借入先業者名
借入額
360万円
借入期間
3年4ヶ月
毎月の返済額
10万円

離婚裁判により財産分与が行われたことで借金。

子供が出来ないことで、夫婦の関係が冷え込んでしまい離婚に至りました。離婚調停が不調に終わったことで、裁判となりましたが結果的に財産分与を行なうことになったものの、住宅ローンの支払いが多く残っていました。私が住み続けて住宅ローンも支払い続ける代わりに、元配偶者に大して土地建物の評価額から住宅ローンの残債を引いた額の半額を支払うことで和解となりました。問題は、その金額が500万円と多額だったことにあります。住宅ローンの支払いにより、貯蓄はほとんど無かったので、一旦借入を行って渡すことになりました。

アイフル、レイク、三井住友銀行から各120万円の借金。月々10万円の返済。

400万円の借入を行ったものの、毎月の支払額が大きかったので返済が困難を極めていました。支払先を減らすために一番少ない所から返済を行い、残り3社で360万円にまで圧縮するまでに時間を要しました。しかし、今まであった会社の残業と休日出勤が削減されたことから、返済に無理が生じて遅れそうになってしまったわけです。何とか改善をするために、アルバイトも検討しましたが、副業がバレると会社自体クビになってしまうことから、踏み切れないまま苦しい返済生活を続けることを余儀なくされたのです。

小規模個人再生により借金を100万円まで圧縮出来ました。

返済に困って弁護士に相談に向かうと、意外な回答として小規模個人再生を行なえば100万円を3年で返済すれば終わりと言われたのです。利子も付かないことから3万円程度を毎月払うだけで3年で完済出来てしまうことに驚きましたが、背に腹は代えられないのですぐに弁護士に小規模個人再生手続きを依頼しました。再生計画案を立てて、債権者からの消極的同意を経て裁判所から認可される流れですが、実際には家計簿と書類集めくらいしかしていませんでした。弁護士の尽力により、毎月の返済額が10万円から3万円に一気に減ったわけです。

生活の再建が出来たので、再婚して子供も授かりました。

離婚の財産分与が原因で小規模個人再生に発展してしまいましたが、圧縮された借金を完済出来て良かったです。完済後には、小規模個人再生を行って最大10年間は新たな借入が出来ないと知った上で交際をし、再婚して新しい妻と再婚出来ました。再婚の翌年には子供を授かることが出来たので、今では幸せな家庭を築いています。債務整理を行なうことで、債権者には迷惑をかける結果となってしまいましたが、新しい人生と幸せを掴むことが出来て良かったと考えています。派手な生活を止めて、ストレスの掛からない平穏無事なライフスタイルを目指しています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

必読!ローンの任意整理による解決方法と関係まる分かり!

目次誰でもわかる!苦しい借金返済を解決してくれる任意整理と…

債務整理でブラックリストに載ることによる生活への影響と対処法

目次債務整理をするとブラックリストに載るそもそもブラックリ…

ビューカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次ビューカードの特徴ビューカードの借金を債務整理するとき…

三井住友銀行の債務整理体験談

夢のスポーツバーを開店!客足伸びず膨らむ借金

借入額400万円

変なプライドから周りの人に見栄を張るために大量の借金をしてしまい、辛い借金が始まってしまいました。

借入額400万円

呆れた父親に振り回されました

借入額80万円

生活の切り替えができずに借金を負うことになりました

借入額200万円

結婚相手の選び方に反省

借入額200万円

人を見る目がなかった自分に後悔

借入額150万円