不妊治療のためにお金が必要で借金をしました

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
4年2か月
毎月の返済額
10万円

不妊治療を続けるために借金をしました。

結婚当初から夫婦そろって子供のを望んでいましたが、なかなか授かりませんでした。緩やかに妊活をしていましたが、結婚十年目を迎えて私が35歳を過ぎたころから不妊治療を本格的にはじめるようになりました。それから3年が過ぎましたが成果がでずに、お金が尽きてきました。しかしここで諦められないと、個人的にキャッシングをしてお金を作り、不妊治療の費用に充てました。どちらも共働きですぐに返せると思いましたが、一度キャッシングをすると気持ちが大きくなり、気づくと多重債務になっていました。

アコム、アイフル、プロミス、楽天カードからそれぞれ50万円、月々10万円の返済

貯金が尽きた時点で夫は不妊治療を諦めるつもりでしたが、私は諦めきれずに、消費者金融から個人的に借りて治療費に充てました。その結果、かなりの金額になりましたが無事に妊娠して、幸せいっぱいと素直に喜びたいものの、借金返済が重くのしかかるようになりました。しかも悪阻が酷く、私はフリーランスのプログラマなのですが、作業効率が落ちて収入が減り、返済が危ない月もありました。夫に内緒なので思い切った節約もできなく、常に追い詰められた落ち着かない気持ちでいて、悪阻と相まって最悪な状況でした。

個人再生で借金の額を減らすことができました

辛うじて月々の返済は続けていましたが、体調が悪化してお腹の赤ちゃんに悪影響が出ないように入院することになり、返済が厳しくなりました。結局は一時的に滞納してしまい、夫に知られることになりました。無事に出産した後に離婚も覚悟しましたが、事情を話して、弁護士さんに相談して債務整理を行い、個人再生の手続きをとってもらいました。裁判所で無事に可決されて、借金の金額が大きく減ってくれたのは嬉しかったです。そして夫も返済に協力してくれることになり、時間はかかりましたが完済しました。

隠し事がなくなって、気持ちが楽になりました

夫に知られて最悪の状況を覚悟しましたが、赤ちゃんがほしかったことをわかってもらえて、今の幸せがあるのも諦めなかったからだと言われました。借金そのものは悪いことですが、後悔はしておらず、ただしっかりと話し合うべきだったと思っています。そして夫も借金返済に協力してくれることになり、家計費の見直しと節約を行って、日々の生活の中で無駄をなくしていきました。節約生活は楽しいものではありませんが、子供のためにも早く借金を返し終わり貯蓄に励みたいと頑張って、夫と二人で協力して完済することができました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

法テラスなら安く債務整理できる?利用方法や注意点を解説

目次法テラスとは?法テラスの「民事法律扶助」とは?民事法律…

債務整理とは何か、その意味について見直そう!

目次債務整理について、もう一度整理してみよう債務整理ごとの…

アメックスの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次アメックスの特徴アメックスの借金を債務整理するときの注…

楽天カードの債務整理体験談

債務整理による生活の変化

借入額203万円

債務整理をしたら借金がなくなりました

借入額120万円

ショッピングリボに嵌って借金に苦しみました

借入額130万円

投資詐欺に引っかかって借金を負いました

借入額140万円

ペットが病気になり治療費を得るため借金をしました

借入額180万円

甘かった自分の判断に反省/32歳フリーランス

借入額240万円