社内イジメにより鬱状態に陥りました

2019.03.15 更新

会社員

借入先業者名
借入額
350万円
借入期間
4年11ヶ月
毎月の返済額
11万円

社内イジメが原因で休業から退職に追い込まれて借金。

住宅ローンを組んで新居を儲けたことが会社内で面白くなかったようで、次第に社内イジメが行われるようになりました。業務成績の足を引っ張ることをされたり、仕事のミスを押し付けられるなど追い込む状況が続いたので、病院を訪れると鬱と診断されました。会社を休業して1年後に復帰すると、以前のポストは無くなっており追い出し部屋と呼ぶにふさわしい部署へ飛ばされました。不当な扱いに文句を言いたくなりましたが、住宅ローンを抱えていたので我慢していました。しかし、長続きはせず退職金が出ることを確認して退職することになったわけです。

プロミス、アコム、レイク、モビット、フクホーから各70万円の借金。月々11万円の返済。

追い出し部屋に入れられてからは、退職金が出る年数まで時間稼ぎをしながら転職先を探すことを業務として行っていました。折角だから制度をフル活用しようと考えたわけです。実際に契約社員として転職出来たので、退職金で一部繰り上げ返済を行い住宅ローンを軽減しました。しかし、契約社員ではボーナス払い分の支払いでつまづきやすくなってしまうので、消費者金融からの借入でボーナス払いを返済することになったわけです。結果として、借金が増えてしまい返済に困る状況が生まれてしまいました。契約社員として働いている会社では、資格取得数を増やせば給料が増えるシステムでしたから、最初の5年くらいは厳しかったわけです。

小規模個人再生により借金を圧縮して返済を順調に行なえました。

契約社員の立場では、資格取得数に応じた手当を増やすことで収入アップを図るしかありませんでした。住宅ローンと消費者金融からの借入のダブル返済では困難過ぎたので、毎月の支払額が5万円返済に回せる状態になってから、弁護士に相談しました。小規模個人再生により、毎月の返済額を3万円まで圧縮出来ることを知り、すぐに依頼することになったわけです。実際に再生計画案を作り裁判所へ提出して、債権者からの同意を得る必要がありましたが、弁護士に任せることが出来たので資格試験の勉強に励めました。毎月の返済額を11万円から3万円に減らせたことは、完済までの近道となりました。

順調に収入をアップさせて、住宅ローンの組み換えに成功しました。

債務整理を弁護士に依頼する際に、法テラスを利用したので3人の弁護士に相談出来ました。債務整理は人生を大きく左右する内容となるので、実際の手続き以上に話しやすく相談を真摯に聞いて解決手段を提案してもらえる弁護士選びが大切だと実感出来ました。住宅ローンの組み換えとして、ボーナス払いから月々払いへの変更交渉まで別枠で依頼出来たことは、生活再建の上で大いに助かりました。小規模個人再生を行なうことで、人生設計を再度見直すことにも繋がり新たな生活をスタートさせることが出来て良かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

内緒で任意整理したい!個人情報や秘密は絶対に守られる?

目次任意整理をしたい…家族や勤務先に内緒でできる?「絶対に」…

任意整理を依頼すると取り立てがすぐ止まるってほんと?

目次任意整理でつらい取り立て、督促はすべて止まる任意整理を…

債務整理後はローンやキャッシングなど借り入れできない!どうして…

目次債務整理後でもお金を借りたい!審査はいつ通る?原則5年間…

レイクの債務整理体験談

彼氏に貢ぐために給料だけじゃ足らず借金。それが重なって借金ばかりの生活を送る羽目になってしまいました。

借入額200万円

妻に内緒のもうひとつの家庭

借入額400万円

親の医療費を工面して多重債務になりました

借入額250万円

総額250万円の借金を作って債務整理をした結果/35歳営業

借入額250万円

お酒と借金に溺れていた人生からの再起

借入額160万円

決断をした自己破産の道

借入額90万円