デザイナーの仕事は会社の看板で貰っていた事実を知らなかった

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
320万円
借入期間
5年9ヶ月
毎月の返済額
10万円

会社員でありながら完全歩合制だったので独立したものの失敗して借金。

webデザイナーとして会社員勤務をしていましたが、契約内容が正社員ではなく業務請負契約の完全歩合制でした。個人事業主と変わらない契約内容から、個人的に仕事を受ける機会が多かったので独立開業をすることにしました。会社を通すよりも安く出来ることから、今までも休日を利用した依頼を受けていたので、そのまま依頼が来ると当て込んでいたものの実際にはご祝儀依頼は最初の1年だけでした。営業力を持ち合わせていなかったので、3年目には赤字に転落して生活のために借入を増やす結果となってしまいました。

アイフル、レイク、モビット、アプラスから各80万円の借金。月々10万円の返済。

webデザイナーとしての実績はあったものの、個人で独立したことから営業力が欠如していたと今では理解出来ます。しかし、当時はデザインを手掛けたクレジットが営業だと過信していたので、自動的に仕事の依頼が来るものと思っていました。何より営業の掛け方を知らなかったことが最大の敗因です。会社のブランド力で仕事の依頼が入ってきていたことを、営業3年目にしてい始めて思い知らされたわけです。営業スタッフと組んで起業すれば良かったと今では考えるようになり、複数のデザイナーと共に仕事をするようになりました。

小規模個人再生により借金の圧縮に成功し、完済に至りました。

返済が滞ることが判明したので、すぐに弁護士に依頼して債務整理を行なうことにしました。方法を検討する際に、仕事を今後も続けるならば自己破産ではなく小規模個人再生を選択することが望ましいと判明したので、すぐに依頼しました。複数のデザイナーと共同で仕事をするようになっていたものの、返済能力には限界があったので借金を圧縮出来る小規模個人再生は適した方法と考えられました。再生計画案が裁判所に認められたことで、返済金額が合計100万円に圧縮され、毎月3万円の返済を3年間行なえば良いことになったのです。

返済額が減ったことで、完済と同時に生活も安定させることが出来ました。

小規模個人再生という手段が利用出来て、再生計画案が認可されたことは、毎月の返済額減少に繋がりました。仲間のデザイナーと共に専用の営業員を雇うことが出来たので、仕事量が安定して確保出来るようになって完済に至りました。再生計画案を作成する際には、事業と家計を完全に分離するように弁護士からアドバイスを受けることが出来ました。弁護士のアドバイスには、説得力があるので債務整理という場面で知り合うことが出来ましたが、今後の相談に乗ってもらえる新たな味方として、依頼出来る環境が整って良かったです。債務整理をキッカケとして、仕事の幅が広がったことは良い傾向だと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理と自己破産どちらを選ぶべき?メリット・デメリットを徹底…

目次任意整理・自己破産の違い自己破産は任意整理に比べてデメ…

任意整理のデメリットはブラックリスト!影響を少なくするには?

目次任意整理のデメリットは1つ!ブラックリストに載ることブ…

任意整理で月々の返済額はどのくらい減る?

目次任意整理とは?メリットは主に2つ!任意整理によって月々の…

レイクの債務整理体験談

遊びすぎたツケを払っていました

借入額160万円

仕事を失わないことが何より最優先です

借入額320万円

パチスロで作った借金でも債務整理出来ました

借入額250万円

借金を借金で返していたら返せないほど借金が増えました

借入額230万円

アイドルの追っかけに、はまってしまい借金をしました

借入額150万円

夫婦でギャンブルする為、借金。

借入額250万円