家族カードの管理は難しい現実

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
390万円
借入期間
7年4ヶ月
毎月の返済額
15万円

家族カードを妻から作って欲しいと言われて作成したもののリボ払い残高が増えすぎました。

クレジットカードの利用はあまりしていなかったものの、妻から家族カードを作成して欲しいと言われて一通り作ったものの、リボ払いを多用しすぎていつの間にか借金が増えていた模様です。家計管理を妻に任せていたのですが、カード会社から連絡が入って発覚することになりました。自分では定期券を購入する際にしか使用していないものの、定期券の購入が出来なかったことでカード会社から与信連絡が入り、利用可能枠が満杯になっていることを知ったわけです。家族カードの管理は、自分で完璧に管理出来る人以外は利用しないことが望ましいでしょう。

楽天カード、イオンカード、オリコから各130万円の借金。月々15万円の返済。

残業が続くことが今までは多かったので、自分でお金を使う機会はあまりありませんでした。住宅ローンの返済があったので、残業や休日出勤は全て応じる生活をしていたものの、親会社の方針変更により家族と過ごす時間を大切にするようになったのです。残業が削減されて、休日出勤は申請が認められた場合のみ行われるように制限されました。家族カードの管理は妻に任せていたので、家計が火の車となっていることなど知らない状態だったのです。定期券の購入が出来ないことで、初めて事態を察知したことは言うまでもありません。

小規模個人再生により、持ち家を維持したまま借金を圧縮して返済完了出来ました。

妻を問いただしてクレジットカードの明細全ての確認をしてみると、残業と休日出勤の減少に伴い赤字が続いていることが分かりました。家計簿すら付けていない状態だったので、すぐに弁護士に依頼して状況を確認すると、小規模個人再生により債務を圧縮して返済することで、住宅ローンはそのまま支払い続けることが出来ると判明しました。車のローンが残っていたので、車は信販会社に引き上げられることになったのです。生活レベルを改善するために妻の両親にも来てもらい、方針を決めて再生計画案を作って小規模個人再生をすることにしました。毎月の返済額が15万円から3万円まで一気に減額されたので、生活は楽になりました。

クレジットカードを利用しない生活に慣れることが最優先となりました。

債務整理を行なうことにしたことは、弁護士と相談する際に家族関係をどうするかという点から始まりました。小規模個人再生を行ったとしても、生活習慣が変わらなければ浪費は治らないからです。妻の浪費を何とかしないと生活に支障が出てしまうので、最終的には妻の両親に協力してもらい、家計管理を助けてもらうことにしたわけです。実家とはいえ、家計簿を照らし合わせることは勇気が必要な決断ですが、かえって妻の両親とは仲が良くなったので、債務整理というマイナスイメージが強い事態から家族としての結束が強まった意外な副次的効果があって良かったと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理に関係のある色々な期間について理解しよう

目次「債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼した場合」に…

2回目の債務整理(任意整理)は可能!1回目と異なる注意点

目次2回目の債務整理は可能。しかしデメリットを受ける可能性も…

保証人になると債務整理をされたときに何か問題ある?

目次借金を債務整理した場合、保証人への影響はあるのか保証人…

楽天カードの債務整理体験談

夫に内緒で200万円の借金。任意整理でパートの収入だけで返済可能に

借入額200万円

月々10万円の返済が半分以下に

借入額240万円

脱サラした喫茶店に失敗して借金を背負いました

借入額230万円

夫に内緒の趣味で借金

借入額80万円

住宅の支払いは続行します。

借入額200万円

私が体験した債務整理の真実

借入額200万円