デイトレードのレバレッジ管理は慎重に

2019.03.25 更新

会社員

借入先業者名
借入額
400万円
借入期間
3年6ヶ月
毎月の返済額
12万円

妻がFXをやりたいと言い出したので自由にやらせていたら借金する事態に。

会社員としての勤務をしていると、残業で遅く帰宅することが多く妻のストレスが溜まっていたのでしょう。突然FXで稼ぎたいと良い始めたのです。リスクが高そうだから危ないという話をしたものの、200万円の範囲内で行なうことを条件に許可しました。専業主婦では借金が難しいことから、安心していたわけですが、事態が急変したことを2年後に知ることになりました。FXで損失を600万円出してしまい、400万円を支払わないと差押えられる危険があると知ったのです。慌ててクレジットカードと消費者金融から借入を行い何とか借金で損失を埋めましたが、そこから借金生活が始まることになりました。

プロミス、バンクイック、ニコス、アプラスから各100万円の借金。月々12万円の返済。

残業続きで妻を構ってあげられなかったことが原因とはいえ、FXでなぜそこまで損失が増えてしまったのか原因を探ると、レバレッジ設定にありました。最大20倍の取引が出来てしまうことから、今回は10倍のレバレッジ設定で行っていたために、テレビドラマを観ていた間にレートが急変して損失が拡大してしまったことが判明したわけです。元本割れを起こしただけでなく、強制終了されるまでに損失が10倍のレートで出たことにより、一気に発生した借金を返済する生活に突入することになりました。金利設定が高く18%での借入が普通でしたから、最終的な返済額は600万円程度まで膨らむ見込みでした。

小規模個人再生により借金を100万円まで圧縮出来ました。完済に漕ぎ着けたことで安堵しました。

2年ほど頑張って返済したものの、残業が減ったことで生活が回らなくなり、弁護士に相談することになりました。住宅ローンの支払いがまだ20年残っていたので、何とか家を維持しつつ借金を圧縮出来ないかと考えました。金利が高かったので任意整理も考えましたが、金利引き直し計算をしても借金額が300万円を切ることは無かったので、小規模個人再生を行なうことにしました。360万円あった借金額を圧縮して100万円にし、毎月3万円を36回払いすることで、完済となる点が債務整理方法として適していたわけです。

投資にはリスクが付き物と理解した上で、平穏無事な生活に戻りました。

投資を行なうのは、お金持ちの道楽と考える程度が庶民には丁度よいことを身をもって知りました。債務整理を行ったことで、家計管理をしっかり出来るようになったことがメリットでした。今まで家計管理は、妻に任せていたのですが、夫婦揃って毎月の収支計算をするように管理方法を変更する契機になったのです。複数の目で毎月確認することで積み立て貯蓄を出来るようになり、コスト意識も芽生えてきたので、住宅ローンの繰り上げ返済を目指して貯蓄に家族で貯蓄に励めるように意識が大きく変わったことが良かったと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理で借金の元金減額も可能?減額されない時の対策も紹介

目次任意整理でいくら借金が減る?その仕組みとは減額のポイン…

保証人になると債務整理をされたときに何か問題ある?

目次借金を債務整理した場合、保証人への影響はあるのか保証人…

弁護士に債務整理の依頼をする前に…知っておきたい費用や探すポイン…

目次債務整理の手続きを弁護士に依頼するメリット5つ1.最適な…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

緊急の借金で助かったものの法外な金利だったと後で知りました

借入額180万円

慣れは多重債務への入り口でした

借入額300万円

今利用しているカードが利用停止となる可能性があります

借入額140万円

クレジットカードの限度額を考えず借金まみれに!

借入額40万円

債務整理による個人再生で、多額の借金が返済可能に!

借入額300万円

頼まれると断れない性格が災いする

借入額320万円