過払い金請求とおまとめで生活を見直すきっかけに

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
150万円
借入期間
5年6ヶ月
毎月の返済額
7万円

仕事上の付き合いで食事や交際に。簡単に借りる事が出来てしまったので、気づけば収入と支出のバランスが取れない状況に。当時の収入は月収で23万ほど。月の返済だけで約7万、家賃で7万、水道高熱費2万、携帯代1万。残り6万で食費や交際費などを賄う状況。今考えると、この収入で切り詰めればなんとか生活ができたとは思うのですが、仕事の付き合いなどで食事や飲みなどが多く、費用が見合ってなかった事が一番大きい反省です。支払っては借りての繰り返しで、お金を回しているというだけで、元金が減っていくという事がなかったです。

アイフル50万、丸井カード30万、プロミス50万、VISA20万、東京三菱10万の借金。月々7万返済

独身だったため誰かにバレて関係が悪化するとうことはなかったですが、返済日が近づくとどうやってお金を工面するか考えるのが大変でした。友人から返済のために一時的に数万借りて、給料日に返済するなどの生活が3年くらい続きました。東京三菱の滞納があったことで、新たに借り入れをすることや、まとめる事が当時はできずに苦しい生活でした。しかし、仕事上の付き合いは行わなければいけないという強い気持ちがあり、なかなか生活を切り詰めるなどの、改善を行う事ができませんでした。50万ほどの借金で、毎月2万ほどの返済の時は、大きな問題にはならなかったですが、まだ大丈夫だという根拠のない余裕で、少しずつ借金も増えて行くような状態でした。

知人からの助けと過払い金の請求で一時全額返済。その後知人への返済のため毎月3万返済。

過払い金の請求により50万戻り、借金が100万に。知人からの助けにより、残りの100万を返済しました。毎月3万の分割にて知人へ返済することになり、これまでの返済金額から4万減額する事ができました。知人に借りたことで、信用情報機関の記録にも借り入れ情報は乗らず、完済しているという情報になり、これが5年間続き滞納情報も消えることになり、ローンも組めるしクレジットカードもつくれる状態になりました。友人への返済は、仲を壊したくないことも、感謝の気持ちもあり滞りなく返済を完了しました。

気持ちが楽になり生活習慣を見直すこともできました。また、知人との絆も深くなりました。

自分自身の生活の何が悪かったのかをはっきりと認識することができました。仕事上での付き合いなど、時には見栄も必要ですが理由をつけ上手に断ることも必要だと思うようになりました。かつそれがあるから仕事が上手くいく、関係性が構築できると言う理由には必ずしもならないということを強く認識しました。おかげで、仕事に関しても考え方、向き合い方が変わり良い結果がでるようになりました。また、友人への感謝の気持ちがとても強くなり、自分も誰かがそういう状況になった時に、助けてあげられる側にいなくてはいけないと強く思うようになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

保証人になると債務整理をされたときに何か問題ある?

目次借金を債務整理した場合、保証人への影響はあるのか保証人…

債務整理はいくらからできる?借金の返済額などの基準

目次任意整理をするための条件に、借金の額の大きさは関係がな…

銀行のローンも債務整理で返済を減らすことができる!?

目次銀行のローンも「借金」と同じ仕組みです。銀行ローン以外…

三井住友銀行の債務整理体験談

付き合う友達は選ぶ必要がある

借入額210万円

友達に付き合ってスロットをしていたら借金が

借入額120万円

クレジットカードで借金地獄に陥り過払金請求で問題解消

借入額100万円

手形の知識は商売するなら必須です

借入額800万円

妻が借金を作り、返済のために自分も借金をして夫婦で多重債務となりました。

借入額200万円

債務整理で過払い金が戻ってきました

借入額210万円